仙台と契約満了の楯昌宗、愛媛に加入決定「自分の役割を考え貢献する」

仙台と契約満了の楯昌宗、愛媛に加入決定「自分の役割を考え貢献する」

 愛媛オレンジバイキングスは8月9日、元仙台89ERSの楯昌宗と2017−18シーズンの選手契約を締結したことを発表した。

 1988年生まれの楯は岐阜県出身で、173センチ73キロのガード。愛知学泉大学卒業後、信州ブレイブウォリアーズに2シーズン、高松ファイブアローズに1シーズン在籍し、2016年に仙台へ加入した。昨季はレギュラーシーズン30試合に出場して37得点(1試合平均1.2得点)を挙げたが、チームとの契約満了に伴い6月30日付けで自由交渉選手リストへ公示された。

 プロ5年目を愛媛で過ごす楯は、チームの公式HPをとおして「このような機会を与えてくれた、チーム関係者、スポンサー様に感謝しています」とコメントし、「必ず勝つ集団になれるよう自分の役割を考えチームに貢献できるようがんばります」と抱負を述べた。

 また、クラブは同日、広島ライトニング(bjリーグ)で2015−16シーズンをプレーした22歳の冨岡大地と選手契約を結んだことも併せて発表した。

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索