インサイドで存在感を示した太田敦也「全員でリバウンドを意識して臨んだ」

インサイドで存在感を示した太田敦也「全員でリバウンドを意識して臨んだ」

 FIBA ASIAカップ2017が8月8日にレバノンのベイルートで開幕。「AKATSUKI FIVE」男子日本代表チームは同日の予選第1戦でオーストラリア代表に敗れたが、10日に行われた第2戦ではチャイニーズ・タイペイ代表を相手に87−49で勝利し、通算成績を1勝1敗とした。日本バスケットボール協会(JBA)が公式Facebookをとおして試合後の選手コメントを発表した。

 8得点に加えて両チームトップとなる10リバウンドを記録し、存在感を示したセンターの太田敦也(三遠ネオフェニックス)は試合後、「この試合、全員でリバウンドは意識して臨んでおり、自分ではそんなに取ったような感じはしていませんでした。それでも、自分のマークマンにだけは取らせないように心がけていたことが、スコアとして10本になり、結果として良かったです」と控えめに語るも、「38点差をつけて勝てたことは、(フリオ)ラマスヘッドコーチが求めるバスケットを全員が全うでき、相手がやりたかったことをやらせなかったディフェンスの結果だと思っています」と、チームとしての手応えを口にした。

 なお、第3戦は12日に行われ、日本は香港代表と対戦する。

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索