新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、世界最高峰のエンターテインメント、NBAは3月13日(現地時間12日、日付は以下同)より2019−20レギュラーシーズンを中断することを余儀なくされた。6月に入り、7月31日からフロリダ州オーランドで22チームが参戦し、シーズンを再開することが決まった中、65試合前後を消化した各チームならびにその主要選手たちを振り返っていきたい。
※データは日本時間3月12日終了時点、%=パーセント、評価は上から順にS、A、B、C、D、Eの6段階

◆2019−20シーズンNBA通信簿選手編⑯レブロン・ジェームズ

所属:ロサンゼルス・レイカーズ(ウェスタン・カンファレンス1位)
総合評価:S

■プロフィール
生年月日(年齢):1984年12月30日生まれ(35歳)
ポジション:フォワード
身長/体重:206センチ/113キロ
NBAキャリア:17年目
  
<今季ここまでの功績>
オールスター選出(16年連続16度目)
月間最優秀選手:2度(1、2月)
週間最優秀選手:3度

<2019−20シーズン 個人成績>
平均出場時間:34.9分(リーグ15位)
平均得点:25.7得点(リーグ11位)
平均リバウンド:7.9本
平均アシスト:10.6本(リーグ1位)
平均スティール:1.2本
平均ブロック:0.5本
フィールドゴール成功率:49.8%
3ポイント成功率:34.9%
フリースロー成功率:69.7%

■主要項目におけるシーズンハイ(相手チーム名は略称)
出場時間:42分32秒(19年11月2日/対マーベリックス)
得点:40得点(20年2月26日/対ペリカンズ)
リバウンド:16本(20年1月11日/対マーベリックス)
アシスト:19本(20年1月16日/対マジック)★(キャリアハイタイ)
スティール:5本(20年1月23日/対ニックス)
ブロック:3本(19年12月16日/対ホークス)
フィ―ルドゴール成功数:17本(20年2月26日/対ペリカンズ)
3ポイント成功数:6本(4度)
フリースロー成功数:12本(2度)
★=キャリアハイ

◆「このフランチャイズが本来いるべき位置へと導くためにやって来た」レブロンがレイカーズの7年ぶりとなるプレーオフ返り咲きを演出

 昨季終了後、アンソニー・デイビスというリーグ最高級のビッグマンを獲得したことを皮切りに、レイカーズはロースターの半数以上を入れ替え、コーチングスタッフも刷新。キャリア17年目を迎えるにあたり、レブロンは『ESPN』へこのような言葉を残していた。

「俺はチームが勝利するためなら何でもやる。俺はバスケットボールプレーヤーなんだ。誰がコートに出ていようと、自分がコートにいる限り、多くのことをこなしてみせるさ。今はチームメートたちとコートに出ることを楽しみにしている。エキサイティングだし、何よりも楽しいんだ」。

 そうして迎えた今季、レブロンはフランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)から「彼はゲーム、シーズンを通してチームがどのように進んでいくか、チームとしての方向性を決定させる役割をこなすことになるだろう。これまでのキャリアでやってきたことと同じようにね。彼はチームトップのプレーメイカーだから」とポイントガードを託され、レイカーズのプレーメイカーとして始動。

 開幕戦でロサンゼルス・クリッパーズに敗れたものの、レイカーズはレブロンとデイビスという超強力タッグを中心に攻防両面でかみ合い、その後の18試合で10連勝を含む17勝を挙げてリーグトップクラスへと浮上。

 11月20日のオクラホマシティ・サンダー戦。レブロンは25得点11リバウンド10アシストをマークし、今季5度目(シーズン中断時点でリーグ2位の13度達成)のトリプルダブルを達成して勝利の立て役者となったばかりか、NBA史上初となる全30チーム相手にトリプルダブルを記録した選手に。

「俺はこれまで、何人かすばらしいチームメートたちとコーチたちに恵まれてきた。そして彼らが俺を(チーム内で)指揮することができるポジションに置いてくれたからだと思う。俺のキャリアを通じて、チームメートたちがショットを決めてくれたんだ。そしてコーチたちが俺を得点できるような立ち位置にしてくれたということ。それに、俺はリムに跳ね上がったボールの方向を読んでは反応し、リバウンドを奪ってきた。できたらトリプルダブルを達成した試合全てに勝利したかったね。俺にとって、勝利こそが最も重要なことだから」。

 誰よりも勝利を追い求めるレブロンは、NBA史上初の快挙達成となった記念すべき夜を勝利で飾ったことで、「最高にうれしいね」とご満悦。今季はシーズン中断時点でデイビス(平均26.7得点)に次ぐ平均25.7得点ながら、その影響力は健在。

 デイビスが昨季まで所属していたニューオーリンズ・ペリカンズのホームへ凱旋した11月28日の試合では「キャリアをスタートさせた場所であり、数々の記録を残し、組織とコミュニティへ多大な貢献をした都市に戻った時というのは、いつだっていいプレーをして勝ちたいものだ。俺たちはそのことを理解していたから、彼のために勝利すべくトライしたかった」と口にし、勝利へとプッシュ。

 昨季苦しんだ左股関節とは別に、今季は右股関節や胸筋の痛みに見舞われたものの、ここまで欠場は3試合のみ。ほぼフル出場でレイカーズをけん引しており、キャリア17年目にしてリーグトップかつキャリアベストの平均アシスト数を記録している点も称賛に値する。

 また、今季の覇権争いでライバルとなりうるミルウォーキー・バックス、クリッパーズ相手にも3月の中断前にしっかりと勝利。3月7日のバックス戦ではゲームハイの37得点に8リバウンド8アシスト3スティールをマーク。ボーゲルHCは「私にとって何が最も強烈だったかというと、ヤニス(アデトクンボ)へのディフェンスだった。彼にとって、(アデトクンボをストップするという)任務への見解は見事だった。そしてオフェンス面で依然として信じられないパフォーマンスを見せてくれたよ」と、多方面に渡る大活躍を手放しで絶賛していた。

 昨年12月末に35歳を迎えたものの、レブロンのパフォーマンスは健在。ここまでMVP級の働きでレイカーズをウェスト首位へと導いており、バックス戦を制したことで、2013年以来7年ぶりとなるプレーオフ出場も決定。

「俺はこのチームを引き上げて、このフランチャイズが本来いるべき位置へと導くためにやって来た。レイカーズが勝っていなければNBAじゃないさ。それが俺の責任であり、ここに来たゴールの1つでもある」と口にしていたのだが、新型コロナウイルスの影響で突如シーズン中断となってしまった。

◆「俺は最高な健康体、100%でここにいる。コートに戻れることが楽しみなんだ」。レブロンにとって今季の覇権争いが持つ意味とは?

 シーズン中断で自粛期間となったあいだ、レブロンはインスタライブで「良いこととしては、家族との時間を多く持つことができている。シーズン中にここまで家族と過ごせたことは今までなかったからね」と口にしていたが、5月下旬にミネアポリスでジョージ・フロイド氏が白人警察官に殺害されてしまった事件を機に、全米各地で人種差別に対する大規模なデモが勃発。レブロンも自身のSNSを通じて「アメリカはなぜ俺たちのことも愛してくれないんだ?」と投稿するなどメッセージを発信。

 6月中旬にはレブロンがアスリートたちやセレブリティたちと協調し、『More Than a Vote』(1票以上のもの)という団体を設立。これは黒人有権者たちへの保護や教育に取り組み、11月4日のアメリカ大統領選挙における投票を奨励するものとなっている。“More Than An Athlete”(アスリート以上の存在)としてコート内外で影響力を発揮するレブロン。今季も“キング”に対する称賛はいくつもあったのだが、バスケットボールIQの高さに関するものが印象的だった。

 3月29日に『Sports Illustrated』へ掲載された記事の中で、クリッパーズのドック・リバースHCが「リーグにはレブロンのような肉体を持つ選手はたくさんいる。だが彼のような頭脳を持つ選手は誰1人としていないんだ」と発言。

 さらにチームメートたちが口をそろえてレブロンのIQの高さをこう絶賛している。

「彼は皆のことを知ってる。チームの中でベンチに座ってるロースター最終枠の選手であろうと、彼はその選手が左利きか、シューターなのか、ドライブを得意とするタイプなのかといったことを把握してるのさ。彼はゲームに注意を向けつつ、しっかり観て学ぶことも怠らないんだ」(クイン・クック)

「俺が知らないプレーコールもたくさんある。俺とダニー(グリーン)は互いを見合って『あのプレーは何だ!?』ってなっても、レブロンは全員が何をすべきか、どうやって動くか、そのタイミングさえも分かってるんだ。彼のIQはもう、クレイジーの一言に尽きるね」(エイブリー・ブラッドリー)

 さらに現役時代にリーグ史上屈指の司令塔として活躍し、今季からレイカーズのアシスタントコーチを務めるジェイソン・キッド(元ダラス・マーベリックスほか)も最大級の賛辞を送っていた。

「ゲームの流れを掌握するためには、残り時間とスコアを把握するだけじゃなくて、相手とチームメートたち、そして自身のことも理解しておくことが必要だと私は見ている。私が思うに、彼は次に起こることを予期しながらゲームをプレーしている。彼のような高いIQを持っていれば、他の選手たちよりも先に、次に起こることを察知してしまうんだろう。あの高いIQは、彼を40歳までプレーすることを助けてくれるだろう」。

 今季の第二幕へ向けて開催地のオーランドでチーム練習を続ける中、レブロンは7月11日に『NBA.com』へ掲載された記事の中でこう話している。

「何か月もかけてこのシステムをこなしてきた。だから俺はゲームの中でチームメートたちがどこでボールを欲しがっているのか、どこに動こうとしているのかは分かってる。これまでの練習やフィルムセッション、ゲームの中で注意深く見てきたからね。今では目を閉じていても皆がどこにいるのか、誰がコートに出ていようが俺には分かるんだ」。

 13日にはレイカーズの番記者を務めるマイク・トゥルーデル氏へ「俺は最高な健康体、100%でここにいる。コートに戻れることが楽しみなんだ」と話していることから、レブロンは万全のコンディションで開催地に入ったことが分かる。

 今年1月末に他界したコービー・ブライアントへ、レブロンは「あなたが残してくれたレガシー(遺産)を受け継いでいくことを約束する。あなたは俺たちにとって非常に大きな存在で、特に“レイカーネイション”は、俺たちの心の中にあるんだ。だから自分にはそれを背負っていく責任がある。どうか天国から見守ってほしい。そして俺に力を与えてほしい。俺たちはいつも一緒だ」とインスタグラムへ投稿しており、今季の覇権争いはレブロン、そしてレイカーズにとってこれまで以上に大きな意味を持つ。

 フランチャイズ史上17度目、そして自身4度目となるチャンピオンシップを獲得すべく、レブロンの優勝への想いは誰よりも強いに違いない。