■三遠ネオフェニックス vs シーホース三河(@豊橋市総合体育館)
第1戦:10月10日17時5分 第2戦:10月11日14時5分

 明暗が別れた開幕節を経て、三遠ネオフェニックスとシーホース三河による、今季初の三河ダービーが開催される。昨シーズンは三河の2戦全勝。三遠は新外国籍選手の合流が間に合っていない中、相手の強力なオフェンスを食い止めることができるか。

 三遠は前節、千葉に連敗。第2戦では100点ゲームを許した。現在、外国籍選手は追加契約ルールによってアンドレ・マレー(188センチ)と、ジージオ・ベイン(213センチ)のみ。相手の速い展開やペイントエリアへのアタックを防ぎきれず、攻撃でも決め手を欠いた。ポジティブな発見は、第1戦の第2クォーターで見せた戦いぶり。太田敦也と山本浩太のビックマンがゴール下で奮闘、そのリバウンドからテンポよく仕掛ける姿であった。

 対する三河はアウェイで開幕2連勝を決めた。激しいディフェンスが売りのSR渋谷と接戦を演じたが、第4クォーターの勝負所でダバンテ・ガードナーがゴールをねじ込み、3季ぶりに復帰した柏木真介の投入で勝ち切った。また第2戦では金丸晃輔が28得点、司令塔・熊谷航の欠場に代わって長野誠史が初の先発起用に応える10得点をマーク。若手、エース、ベテランがまとまって、常勝復活へのろしをあげている。

 今節は三遠がディフェンスでどのようの対応をするかがポイント。ガードナーと金丸の2枚看板を同時に抑えることは難しく、優先順位をつけて臨むほかない。一方、三河は相手の出方によって、ハーフコートバスケットか、それともシェーファー アヴィ幸樹らを入れてペースアップするのか。柔軟に対処してくるだろう。

文=大橋裕之

■ロースター
・三遠(ヘッドコーチ:ブラニスラフ・ヴィチェンティッチ)
サーディ・ラベナ
山本柊輔
寺園脩斗
川嶋勇人
北原秀明
太田敦也
ネナド・ミリェノヴィッチ
山本浩太
岡田慎吾
西川貴之
鈴木達也
カイル・ハント
ステヴァン・イェロヴァツ
アンドレ・マレー
ジージオ・ベイン
下山貴裕

・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)
川村卓也
柏木真介
長野誠史
高橋耕陽
熊谷航
金丸晃輔
根來新之助
セドリック・シモンズ
加藤寿一
シェーファーアヴィ幸樹
ダバンテ・ガードナー