11月26日、日本バスケットボール協会より12月23日から29日にかけて東京体育館と武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催される「SoftBank ウインターカップ2020 令和2年度 第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会」の組み合わせが発表された。

 新型コロナウイルス感染症拡大によりインターハイが中止となった今年、各地のブロック代表と都道府県代表、そして登録数枠(登録数の多い都道府県上位2チームに与えられる)で出場権を得た男女60チームが冬の日本一に挑戦する。

 抽選の結果、男子は前回優勝校の福岡第一高校(福岡県/九州ブロック)が右下のブロックに入り、1回戦から登場。前回大会準優勝の福岡大学附属大濠高校(福岡県)は左下ブロックに位置し、1回戦で岡山商科大学附属高校(岡山県)と対戦する。

 1回戦、2回戦の組み合わせは以下のとおり。

◆【ウインターカップ2020 組み合わせ】

■1回戦対戦カード(12月23、24日)
日本大学豊山(登録数枠/東京都)vs桜丘(愛知県)
厚木北(登録数枠/神奈川県)vs羽黒(山形県)
つくば秀英(茨城県)vs鳥取城北(鳥取県)
駒澤大学附属苫小牧(ブロック推薦/北海道)vs前橋育英(群馬県)
九州学院(熊本県)vs能代工業(秋田県)
正智深谷(埼玉県)vs高知中央(高知県)
豊見城(沖縄県)vs北陸学院(ブロック推薦/石川県)
広島皆実(ブロック推薦/広島県)vs関西大学北陽(大阪府)
福岡大学附属大濠(福岡)vs岡山商科大学附属高校(岡山県)
東山(京都府)vs日本航空(山梨県)
盛岡南(岩手県)vs飛龍(静岡県)
東海大学付属諏訪(長野県)vs土浦日本大学(茨城県)
佐世保工業(長崎県)vs奈良育英(奈良県)
報徳学園(兵庫県)vs八戸工業大学第一(青森県)
英数学館(広島県)vs鹿児島工業(鹿児島県)
法政大学第二(神奈川県)vs松江東(島根県)
東北学院(宮城県)vs高岡第一(富山県)
実践学園(開催地/東京都)vs金沢(石川県)
豊浦(山口県)vs宇都宮工業(栃木県)
光泉カトリック(滋賀県)vs福島東稜(福島県)
北陸(福井県)vs中部大学第一(ブロック推薦/愛知県)
福岡第一高校(ブロック推薦/福岡県)vs四日市工業(三重県)
海部(徳島県)vs北海道栄(北海道)
新田(愛媛県)vs柳ヶ浦(大分県)
美濃加茂(岐阜県)vs佐賀東(佐賀県)
専修大学附属(東京都)vs開志国際(新潟県)
延岡学園(宮崎県)vs市立船橋(千葉県)
和歌山工業(和歌山県)vs高松商業(香川県)

■2回戦から登場(12月25日)
洛南(京都府/ブロック推薦)※第1シード
仙台大学附属明成(宮城県/ブロック推薦)※第2シード
尽誠学園(香川県/ブロック推薦)※第3シード
桐光学園(ブロック推薦/神奈川県)※第4シード