川崎ブレイブサンダースがリベンジ成功、後半に追いあげ許すも3点差で競り勝つ

川崎ブレイブサンダースがリベンジ成功、後半に追いあげ許すも3点差で競り勝つ

 11月19日に富山市総合体育館でB1リーグ第9節第2戦が行われ、川崎ブレイブサンダースが富山グラウジーズと対戦した。

 前日の第1戦で82−91の敗戦を喫した川崎だったが、第1戦は第1クォーターからエンジン全開。長谷川技が開始早々に3ポイントシュートを決めると、いずれもスタメンのニック・ファジーカス、ジョシュ・デービス、辻直人、藤井祐眞が立て続けに得点を重ね、第1クォーター開始3分50秒で12−4と8点のリードを奪う。さらに、途中出場のジュフ・バンバ、小澤智将、篠山竜青の活躍もあり、29−17で最初の10分間を終えた。

 第2クォーターも川崎ペースで試合が進む。篠山が開始32秒に2本のフリースローを沈めると、直後に谷口光貴が2連続得点を記録。しかし、終盤になると富山に押しこまれる時間が続き、大塚裕土の3ポイント、ドリュー・ヴァイニーの得点などで計19失点を喫し、47−36でハーフタイムを迎えた。

 第3クォーターは岡田優に12得点、ドリュー・ヴァイニーに10得点を与えるなど計26失点。攻めてはニック・ファジーカスの10得点など計20点を積みあげ、何とかリードのまま67−62で終了した。

 最後の10分間は84−82で迎えた試合終了残り38秒に篠山のレイアップで突き放したが、同24秒に3ポイントを決められる。直後にタイムアウトを取って試合を落ち着かせると、最後は辻が2本のフリースローを沈めて勝負あり。後半に追いあげられながらも逃げきった川崎が88−85で試合を制し、第1戦のリベンジに成功した。

【試合結果】
富山グラウジーズ 85−88 川崎ブレイブサンダース(@富山市総合体育館)
富山|17|19|26|23|=85
川崎|29|18|20|21|=88

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索