【NBA COLUMNS from LA】双子のアンドリューとアーロン、2人が目指すはNBAでの真剣勝負

【NBA COLUMNS from LA】双子のアンドリューとアーロン、2人が目指すはNBAでの真剣勝負

 メンフィス・グリズリーズのアンドリュー・ハリソンと、サクラメント・キングスと提携するGリーグ、リノ・ビッグホーンズに所属するアーロン・ハリソンは、アーロンが1分早く生まれた双子だ。

 小さい時からいつも2人で遊んでいた。男の子だから勝負をかけた遊びが大好きで、バスケットの1対1は2人が最も好きなことだった。これが始まると親が「そろそろ中に入りなさい」と呼ぶまで、いつまでも勝負をしていた。終了のルールはなし。親に呼ばれた時と、2人ともへとへとになった時が終わりの合図だった。真剣勝負だから、常に100パーセントの力で、最高のレベルで戦う。それが、ハリソン兄弟の勝負だった。

 そんな日々の繰り返しが、2人を大きく成長させた。高校生になると、そろって全米トップクラスの選手となった。さまざまな大学から勧誘があったが、2人が違う大学に行くことは選択肢になかったという。「『同じ大学に行こう』と話し合ったわけではない」とアンドリュー。同じ大学に行くのが当たり前という意識が自然にあったそうだ。ケンタッキー大学在学中にはアンソニー・タウンズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)、ジュリアス・ランドル(ロサンゼルス・レイカーズ)、デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)、ウィリー・コーリー・スタイン(キングス)らとプレーし、「毎日の練習が争いだった。高いレベルでプレーし続ける環境にいられたのは、本当に良かった」とアンドリューは振り返った。

 2年生のシーズンを終えると、2人は次のステップ、NBAへ進むことを決めた。ここからが2人の別れ道となった。2015年のドラフトで、アンドリューはサンズから2巡目全体の44位で指名されたが(同日中にグリズリーズへトレードとなった)、アーロンはドラフト外に終わった。だが、NBAデビューはその後シャーロット・ホーネッツと契約したアーロンが先で、アンドリューはプロ最初のシーズンをGリーグでプレーした。しかし今季は、アンドリューがグリズリーズでスターターを任されるまで成長し、アーロンはNBAでプレーできないままだ。

 プロの世界ではともに苦労を重ねているが、アンドリューは「成功への道は、人それぞれ違うものだ。遠回りして成功する選手だっている」と焦りはない。昨季はわずかながらNBAの舞台で敵として戦った。だが、2人が目指すのは、チームの主力としての真っ向勝負。子どもの頃いつもやっていたような真剣勝負をNBAのコートですることだ。「しっかりプロセスを踏んで成長していけば、いつかチャンスは来る」とアンドリュー。

 その日を目指して、日々努力を重ねるだけだ。

文=山脇明子


関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索