木村花がスターダムに投入した秘密兵器“DEATH山さん。”がハイスピード王座戴冠に王手!

木村花がスターダムに投入した秘密兵器“DEATH山さん。”がハイスピード王座戴冠に王手!

 25日、大阪府・世界館でスターダム『STARDOM SHINING STARS 2019』が行われ、謎の新星・DEATH山さん。がハイスピード王者の葉月との前哨戦を制した。

 現王者の葉月は昨年12月に王座を戴冠してから6度の防衛を果たしてその地位を不動のものとしていたが、今月6日の新木場大会で突如現れた“DEATH山さん。”が木村花率いるユニット・TOKYO CYBER SQUADに加入し葉月への挑戦を表明。
 昼夜2大会の内、昼に行われたこの大会では、夜大会で行われるハイスピード選手権の前哨戦がメインイベントで行われた。

 “TOKYO CYBER SQUADvs大江戸隊”と銘打たれ、木村花&ジャングル叫女&DEATH山さん。vs花月&葉月&刀羅ナツコという6人タッグマッチで行われたこの試合では、ユニット移籍で因縁が生じた叫女とナツコがグラウンドレスリングで渡り合い、花と花月がリーダー同士正面からフロントハイキックでバチバチと打ち合っていく中、DEATH山と葉月はロープワークで互いの攻撃をかわしながら隙を突いて打撃を入れていくドッグファイトを展開。
 試合終盤に花と花月が髪を掴み合いながらの打撃戦を展開し、これを制した花月がえびす落としからの大江戸コースターで試合を決めに行くが、TCSの面々が花を救出し葉月とDEATH山の対面を作り出す。
 再びスピード勝負を展開しようする葉月だったが、DEATH山はカウンターのソバットを一撃入れると即座に飛びついてDEATH-ZOUで叩きつけ、そのまま3カウントを奪った。

 DEATH山は「デース!デース!」と喜びを露わにするが、まだ人間界に慣れていないためか人語を話せず、叫女が「『キッチリ王者から3カウントを取りましたデース!』と言って欲しい」とDEATH山の気持ちを代弁。
 スターダム内で火花を散らす“TOKYO CYBER SQUADvs大江戸隊”の抗争はさらに加熱していくことになりそうだ。


関連記事

バトル・ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索