ロウ女子王者のベッキー・リンチがサーシャ・バンクスに反則負けも王座移動なし

ロウ女子王者のベッキー・リンチがサーシャ・バンクスに反則負けも王座移動なし

 現地時間9月15日にノースカロライナ州シャーロットのスペクトラム・センターにて真夏の祭典PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」が開催され、“ザ・マン” こと王者ベッキー・リンチが“ザ・ボス”サーシャ・バンクスとロウ女子王座をかけて激突。
 試合序盤からディスアーマーを狙うベッキーに対し、サーシャも打撃からバンク・ステートメントを繰り出す大技の攻防を展開。すると試合は乱戦となり両者パイプ椅子を使った攻撃を放っていくが、ベッキーの椅子攻撃がレフェリーに誤爆。これでレフェリー不在となると両者客席での殴り合いに発展したが、最後はベッキーがパイプ椅子を使ったディスアーマーをリングで決めるとスタッフやレフェリーが駆けつけて反則裁定。ベッキーは敗戦となるもロウ女子王者のままリングを降りた。


関連記事

バトル・ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索