愛媛プロレスが4月12日に開催するビッグマッチで、クラウドファンディングを用いた無観客試合ライブ配信を行うことを発表した。

 愛媛プロレスとは、2016年に”愛媛発のご当地団体”として旗揚げされたご当地プロレス団体。キューティエリー・ザ・エヒメ代表のもとで『プロレスで愛媛を元気に!』をスローガンに掲げて活動し、地域に根ざした社会人プロレス団体として成長を続けている。
 愛媛プロレスは2018年の西日本豪雨で被災した愛媛県のために、被災翌日から地元企業の支援のもと1週間毎日被災地へ物資を届け、浸水した家屋の清掃及び撤去作業に従事するなどのボランティア活動を行った。これらの活動が評価され、エリーが愛媛の情報発信や観光イメージ向上を担う70人目の「伊予観光大使(愛称・いよかん大使)」に就任するなど地元住民たちにも愛されている。

 愛媛プロレスでは商業施設や商店街などでのイベントや、災害復興支援のチャリティープロレスなど基本的に無料での大会を開催しており、2019年には118回のイベントで101,087名の観客動員数を記録。地道な活動から徐々にファンを増やしていき、2017年からは年に数回のビッグマッチとして有料でチケットを販売しての自主興行を開催してきた。
 しかし、昨今の新型コロナウイルス感染拡大や、愛媛県内でも感染者の報告があったことなどを鑑み、既に500枚以上のチケットが売れていたにも関わらず今大会を無観客試合で行うことを発表。
 そして、新たな試みとしてCAMPFIREでの大会の開催支援を募り、リターンとして大会の模様をライブ配信することを決断した。

 CAMPFIREとは、株式会社CAMPFIREが運営するクラウドファンディングサービスであり、資金需要者が自らの夢や目標をプレゼンし、それに共感した投資者が“応援”として資金を投資。資金需要者がその金額に応じたリターンを用意するという場を提供するもの。

 リターンとしては、愛媛県の特産品や所属選手たちの使用済みコスチュームなどといったプレゼント、選手個人と一緒でのイベント参加、リングアナにコールしてもらう権利などがライブ配信視聴権付きで用意。
さらに今大会では、ザ・グレート・サスケ、新崎人生、スペル・デルフィン、大森隆男などのビッグネームが参戦することとなっており、この4選手たちから個別にお礼の動画を受け取れるリターンも用意されている。
 キューティーエリー・ザ・エヒメ代表のサイン入りマスク(5万円)や、今大会で愛媛プロレスの至宝たる四国統一ヘビー級王座に挑戦する石鎚山太郎のサイン入りマスク(3万円)などの高額リターンは開始1時間でソールドアウトとなり、練習生が使用していたレガースや、私物のギターなども早々にソールドアウト。開始24時間で総額50万円あまりの投資を受けており、ファンの熱意が伺える。

 今大会は、目標金額を達成できなった場合には投資者に全額返金されるオール・オア・ナッシング方式で企画されており、今回の目標である250万円に満たなかった場合には大会は開催されない。
 新型コロナウイルスの感染拡大下で不安が広がりつつ有る愛媛県を元気にするために背水の陣を敷いて戦う愛媛プロレスの新たな試みを応援したい。

『愛媛プロレス ビッグマッチ』
日程:2020年4月12日 (日)
開始:15:00
会場:松山市総合コミュニティセンター文化ホール(キャメリアホール)

▼練習生マッチ
ヤングオレンジ杯勝者の練習生2名

▼タッグマッチ
凡人パルプ/なべやかん(ベストボディジャパン・プロレス)
vs
間取り太郎/キスパンマン

▼6人タッグマッチ
“Cock Robin”the PSYCHO(フリー)/土屋クレイジー(エゴイストプロレス) / KOSHI withブラッディ・オレンジ
vs
メイプル・グリズリー/マツヤマ・ウォリアー/鬼王丸

▼どたばたばたばたバトルロイヤル

▼タッグマッチ
ライジングHAYATO/カーベル伊藤(全日本)
vs
田村男児(全日本)/大森隆男(全日本)

▼タッグマッチ
ザ・グレート・サスケ(みちのく) / 新崎人生(みちのく)
vs
スペル・デルフィン(沖縄) /イマバリタオル・マスカラス

▼四国統一ヘビー級選手権試合
【王者】KURUSHIMA(王者)
vs
【挑戦者】石鎚山太郎 withキューティエリー・ザ・エヒメ