【#プロレス今日は何の日】

1991年4年30日 新日本プロレス 両国国技館
獣神サンダー・ライガーvs保永昇男!

現在も続く新日本プロレスのジュニアヘビー級のリーグ戦『ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア』の前身である『トップ・オブ・ザ・スーパージュニア』。
三年ぶりに開催された第二回大会の優勝決定戦&IWGPジュニア王座戦、そしてこれが新日史上初のジュニアヘビー級の選手によるメインイベントになりました。

保永は長州力とともにジャパンプロレスで活躍。新日本プロレスに戻ってからはヒロ斎藤&後藤達俊と共にブロンド・アウトローズを結成して暴れ回りライガーと熱いライバル抗争を展開していたいぶし銀。
引退後はレフェリーとなり、2020年1月の東京ドーム大会でライガーの引退試合に特別レフェリーとしても参戦した盟友です!

場内は圧倒的に保永への大エール!

私が子供の頃に初めて地元で見たプロレスの大会で、ブラソ・デ・プラタ&ブラソ・デ・オロと戦う保永(と健介だったか誰か)が前方回転エビ固めでプラタかオロか(これもリングネームみたいやな)どっちかから取ったようなぼんやりした記憶があります。

あの頃、子供ながらに『地味やな……』と思ってた保永氏でしたが、この日はめっちゃカッコいい!
やる気十分のライガーがエグいドロップキックをやろうが、トップロープからサマーソルト・ドロップをやろうが、ニールキックで場外に落とされようが、保永はプランチャすかしに本部席ボム、マスク破りにストマックブロックと猛反撃!これは落下の時に相手を引きつけるエグい落とし方でした!

ライガーに雪崩式ブレーンバスターを喰らったらケンカスペシャル(ネプチューンマンの技)を繰り出す保永。ライガーボムを喰らっても相手の攻め所では必ずネックブリーカーで流れを潰す!

決着はブロンドアウトローズの仲間たちを見やってからクロスアームスープレックス!
このライガー戦以降、毎度強敵を激闘の末退け続けるんです!ベルトを巻く姿が誇らしかったですね!

今日もプロレス最高っ!


著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!

キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!


プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。

↓実績一例

「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」

「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」

「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」

「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」

「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など

その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。

お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。

Twitter:@ajslendertokyo