9日、動画配信サービス「DDT UNIVERSE」で、「DDT TV SHOW! #2」(DDT TV SHOWスタジオ)が放送され、メインイベントでは、“弾丸戦士”田中将斗(47=ZERO1)が、昭和の名レスラー・坂口征二氏の長男・坂口征夫(46)を退けて、KO−D無差別級王座のV3に成功した。

 試合は坂口の奇襲で開戦し、エルボー、キックの連打、三角絞めなど、得意の打撃、関節技で攻め立てた。田中は坂口の右足にマトを絞って、反撃するも、なかなかペースを握れず。ド迫力のエルボー合戦から、坂口は胴締めスリーパーで勝負を決めにいく。なんとか脱出した田中はエルボー連打から必殺のスライディングDを決めるも、坂口はカウント1でクリア。坂口のスリーパーを切り返した田中は、ラリアットからローリング・エルボーをたたき込むがカウントは2。ならばと、田中はマウントの体勢からエルボー連打、そしてスライディングDを繰り出した。坂口は無意識で返したが、ダメージが大きくダウンしたまま。これ以上の続行は危険と判断したレフェリーが試合を止めて、田中がTKO勝ちを収めた。

 勝ちどきを挙げた田中の前には、新型コロナウイルス感染拡大の影響により開催見合わせとなった(6月7日の)さいたまスーパーアリーナでの“挑戦剣”を持つ樋口和貞(31)が現れ、しばし視殺戦を展開。

 田中は「次はアイツが来るんか? 誰が来るとか関係ない。さいたまSAはできへんかった。次いつやるのか知らんけど、ベルトを守ったら、そこのメインに上がれる。相手は誰でもいい。次のさいたまSAまで、オレがベルトを持ってる!」と宣言した。

 バックステージで田中は「さいたまSAのメインに立つのは簡単な目標じゃない。こういう形でできないのは悔しい。いつかさいたまSAのリングに戻ってくると思うんで。オレに2周、3周して、守り通したら、そこにいく。難しいかもしれないけど。どえらいのがくるかもしれないし、順番で来るかもしれんけど、守り通す。(坂口は)一つ一つの技が重いし、自分にないものをもってる。チョーク(スリーパー)決められたときは一瞬ヤバいと思った」と防衛戦を振り返り、王座死守を誓った。

 敗れた坂口は「倒れてないと思ったけど、ダメでした。DDT、イラプション、お客さんのみんな、すみませんでした。あとは樋口、オマエに託す」とガックリ肩を落とした。

 樋口は「イラプションとして、(目標を)果たせなかった。(坂口の)敵討つのは自分。挑戦して、田中を倒す。やってやります」とコメント。

 すると、前大会で樋口に“挑戦剣”を奪われた遠藤哲哉(28)が現れ、「絶対獲り返してやる」とアピールした。