3日、新日本プロレス『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』が無観客試合にて開催された。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、新日本プロレスは2月26日の沖縄大会を最後に3ヶ月以上53大会を中止していたが、スポーツ庁の助言を受けながら再開に向けたガイドラインを作成し、全選手・スタッフに抗体検査を実施するなど健康状態をチェックできる体制を構築し、先月15日に満を持して110日ぶりの大会を開催。
 6月15日〜7月3日までは無観客配信興行となり、『NEW JAPAN CUP 2020』を新日本プロレスワールドで配信。決勝戦は7月11日に大阪城ホールにて観客を入れての興行を行い、翌日12日に同会場で内藤哲也の持つIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルの二冠にNJC優勝者が挑戦する。
 今年のNJCはヘビー級・ジュニアヘビー級問わず32選手が参加。外国人選手の招聘問題などで参戦できなくなった選手もいるものの、ヤングライオンやジュニア選手の参加など例年にはない色の出たシリーズとなった。
そしてこの日の大会は午後8時よりBS朝日で生中継され、地上波放送ではないものの34年振りに”金曜8時のプロレス生放送“が復活していた。

 メインイベントでは、NJC準決勝として現在の新日本ヘビー級の象徴の1人とも言えるオカダ・カズチカと、現IWGPジュニアヘビー級王者の高橋ヒロムが対戦。
 ジュニア戦士ながらベスト4にまで駒を進め、「ジュニアとしてIWGPジュニアを巻きながらヘビー級も巻く」と宣言していたヒロムは、身長差にして約20cm、体重差にして約20cmあるオカダを相手に敢えて真っ向勝負を挑む。
 オカダもこの意地の張り合いに乗り、どちらかが何か技を繰り出せばもう一方も同じ技でやり返すといった攻防を展開し、ヒロムはダイナマイトブランジャーから掟破りのレインメーカーまで繰り出し、新技と見られるカサドーラ式フェイスクラッシャーを解禁。
 これまでの試合でレインメーカー系の技を使用してこなかったオカダだが、後頭部へのローリングラリアットや、起き上がりこぼし式のラリアットを連発。最後はこのNJCでのすべての試合を決めてきた変形コブラクラッチで絞り上げると、ヒロムはギブアップせず、続行不可能と判断したレフリーが試合を止めた。

 マイクを取ったオカダは、「おいヒロム!タップしないお前に、IWGPジュニアヘビー級チャンピオンの意地を感じたよ。でもさ、これが現実。お前がやろうとしてることはな、そんな簡単にできることじゃないんだよ。ただ、今日のこの結果でも諦めずにIWGPジュニアを巻いた状態でIWGPヘビーを巻きたいって、まだそういう思いがあるんだったら、俺がいつでも相手になってやる。内藤さんじゃねえぞ。この俺だ!」とヒロムを認め、NJC優勝の先にある王座戴冠への覚悟を叫ぶ。

 そして、「無観客の中でやってきましたけども、やっぱりプロレスラーなんで、大歓声の中で試合がしたいです。次はお客さんが入って、でもまだ、声も出せないような状況で応援しないといけないかも知れないですけど、会場のお客さんも、テレビの前で見ている皆さんの気持ちも歓声も選手には伝わってると思うんで、しっかり新日本プロレスの素晴らしい戦いをこれからもお見せしていきたいと思います」と日本のプロレス界を背負う者としての思いを語った。