WWE Japanより日本時間9月18日に配信されたNXTにて、KUSHIDAがオープンチャレンジを実施する高慢なオースティン・セオリーに快勝すると、NXT王座挑戦権をかけた史上初のガントレット・エリミネイター戦参戦が発表された。リングに登場したオースティン・セオリーが「俺様とリングに上がって実力を証明するのにいい機会だぞ」とオープンチャレンジを提案すると、これに応えたKUSHIDAが入場曲もなく登場していきなりセオリーに延髄切りを叩き込んだ。続けてそのまま試合がスタートするとオースティンはクローズラインやジャーマン・スープレックスで反撃したが、KUSHIDAがエレファントキックやハンドスプリング・ニールキックで攻め込んだところでセオリーの攻撃がポストに誤爆。これで完全に優勢となったKUSHIDAはストンプ連打から必殺のホバーボードロックでセオリーを捕まえてタップ勝ちを収めた。さらにKUSHIDAは試合終了後も技をかけ続けてセオリーに無謀なオープンチャレンジを後悔させると、次週行われるNXT王座挑戦権をかけた史上初のガントレット・エリミネイター戦への参戦も発表された。挑戦権を獲得すれば「NXTテイクオーバー」で新NXT王者フィン・ベイラーと対戦することになるKUSHIDAは「ビックチャンス到来!フィン・ベイラー、俺は必ずお前のもとに辿り着く」と自身のツイッターで王者ベイラーを挑発した。