日本時間9月19日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたスマックダウンがライブ配信され、王者ジェフ・ハーディが王座奪還を狙うAJスタイルズ、王者を自称するサミ・ゼインを相手にPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でのフェイタル4ウェイIC王座ラダー戦を要求した。
 混沌とするIC王座戦線で因縁のAJスタイルズとゼインが対戦すると、AJスタイルズが牛殺しやフェノメナール・フォアアームを叩き込めば、一方のゼインもブルーサンダーボムを叩き込んで白熱の攻防を展開。しかし、試合終盤にゼインが隙をついてAJスタイルズをスクールボーイで丸め込むと、レフェリーにタイツを掴んでいたと注意を受けてしまう。これにゼインが猛抗議すると逆に今度はAJスタイルズがゼインをスクールボーイで丸め込んで勝利を収めた。試合後、この結果に納得のいかないゼインは背後からAJスタイルズを攻撃すると、レフェリーやスタッフに詰め寄ったが、そこへ現れたIC王者ジェフが持ち出したラダーで2人を攻撃するとゼインにはツイスト・オブ・フェイトからのスワントーンボムを狙った。しかし、ゼインがこれを場外回避するとジェフは「IC王座戦線にはうんざりだ。PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」で2人まとめて終わらしてやる。トリプルスレットIC王座ラダー戦だ」と2人を相手にした王座戦を要求した。