“バカサバイバー”青木真也が27日の後楽園大会で、アントーニオ本多の挑戦を退けて、DDT EXTREME級王座のV5に成功。次期挑戦者に高木三四郎を指名し、11月3日の大田区総合体育館で、公認凶器持ち込みOKのウエポンランブルルールで防衛戦を行うことが決まった。

 青木は本多とUWFルールさながらの「5ロストポイント制」で激突。これは、ダウン、エスケープ、KO、ギブアップ、相手のモノボケで笑った場合、1ポイント減点となり、ロストポイントが5になった時点でTKO負けとなる特殊ルール。

 関節技で4回、ギブアップ、KOを奪った青木だが、2回笑ってしまい、2ロストポイントを喫した。それでも、最後は両ヒザを決めた変型の足固めで、ギブアップを奪い、TKO勝利。

 試合後、青木は「方々から、『アイツは悪いヤツだ』『アイツは搾取してる』って悪口がくる。高木三四郎、そんなとこに座ってるより、大田区でこのベルト懸けて、ボクと勝負しましょう」とアピール。

 放送席から、リングに上がった高木は「青木さん、後楽園大会に出なくなって、しばらく経ちますけど、最初の頃は『出ないんですか?』とか、いろいろ書かれていたんですけど、最近は何一つ書かれなくなりました。オレもこれでいいかなと思ったけど、私を必要としてくれてありがとうございます。挑戦させてください」と受諾。

 同選手権戦は王者がルールを決めることになっているが、青木は高木に一任。高木がウエポンランブルルールを提案し、青木も承諾した。

 バックステージで青木は「今月MMAもやって、これもやって、落差がすごい。対極にある、自分が表現したいこと。物事のおもしろさは幅だと思うんで。(大田区は)何を持っていくか考えます。ヤツの急所は握れてるんで」と発言。

 高木は「6月に復帰して、体調のこともあったし、経営のこともあって、あまり表に立つつもりはなかった。最近解説席にずっといるけど、『これでいいのかな?』みたいに思ってたときに、青木さんから声をかけてもらってうれしい。そのベルトはもともとオレが作ったベルトだから、やるからには私が獲って再び輝かせてみせます。ウエポンを持ってこさせたらオレの右に出る人間はいないから。青木選手がひっくり返るくらいのウエポンを持ってくる」と意欲をみせた。