若手通信世代(彰人、平田一喜、翔太)が保持するKO-D6人タッグ王座に、3月14日の後楽園ホール大会で挑む「ダムネーション」の遠藤哲哉、高尾蒼馬、火野裕士組が王座獲りに向け加速した。

 2月28日、後楽園大会の第4試合で、遠藤組は「オールアウト」の竹下幸之介、彰人、飯野雄貴組と激突。一進一退のめまぐるしい攻防となったが、高尾が飯野を公認エンドレスワルツで丸め込んで3カウントを奪取。

 高尾が「俺に若手通信に入ってほしいののか? あんないい思い出のない若手通信、2度と思い出したくない。タイトルマッチでオマエらは終わりだ」と吐き捨てれば、遠藤は「2度と若手通信という言葉を使わせなくしてやるよ。ウチの蒼馬が。若手通信解散のカウントダウン、スタートだ」と話した。

 また、試合後、彰人が「飯野が戻ってきたらもう1回全力で挑戦していこうって言ったじゃない。オールアウトとしてどうやっていくか考えたんだけど、解散した方がいいって答しか出ない。僕は若手通信が一番最初にやりたいこと。(竹下は)やっぱり気持ちではサウナ部が一番というのがあると思うよ。飯野が戻ってきて、あんなに全力でやれるんなら何も心配ない。勝俣(瞬馬)だって、EXTREAMEのシングルのベルトを獲って、今日メインでやる。オールアウトがなくったって大丈夫。もう僕たちのなかでオールアウトの役目は終わったんじゃないか」と投げかけた。

 リーダー格の竹下は「彰人さんの言ってることはわかります。でも僕たちの気持ちだけじゃなくて、勝俣、飯野の気持ちも聞かないと」と話すと、勝俣、飯野が同意し、「オールアウト」の発展的な解散が決まった。

 竹下は「今日をもって解散とか、僕も心の整理がつかないし、何より4年間応援してくれたファンの人たちも納得いかないと思うんで、解散興行をやらせてほしいと思います」と訴えた。

「オールアウト」の意を汲んで、大会終了後、3月12日、東京・新木場1stRINGで解散興行を開催することがアナウンスされた。