障害のある弟を支援するために1日2元(約30円)で5年間生活し、極度の栄養失調状態だった中国の女子大学生が13日、死去した。中国メディアが伝えた。貧富の差が拡大する同国で、貧困対策の乏しさを批判する声が相次いでいる。

吴花燕(ウー・ファイエン)さんは、弟によると24歳。昨年10月に呼吸器障害で入院した。身長135センチ、体重20キロほどの彼女の写真がメディアで取り上げられると、多くの国民が衝撃を受けた。

担当した医師によると、5年間にわたって最小限の食べ物しか取っていなかったため、心臓と腎臓に障害があったという。

吴さんには、回復を願う寄付金が続々と届いた。しかし、健康を取り戻すことはできなかった。

所持金の大半は弟の治療費に

吴さんは生前、支援を求めてメディアに登場した。その理由について、「貧困が原因で死ぬのを待つのはいやだ」と、香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニングポストに話していた。

吴さんの父親と祖母は、体調が悪化しても治療費が払えなかったために亡くなったという。

母親は吴さんが4歳のときに死去。父親が死んだのは、吴さんがまだ子どものころだった。

両親を失い、吴さんと弟は祖母の世話になった。その後、おじとおばが毎月300元(約4800円)を支援してくれた。

ただ、そのお金のほとんどは、精神障害のある弟の治療費に消えた。

吴さんに残されたのは1日当たり2元だけ。5年間、主にトウガラシと米だけを食べていた。

担当した医師によると、吴さんはあまりに栄養不足で、毛髪の半分と眉毛が抜け落ちていたという。

「世界有数の不平等国」

吴さんと弟は、中国で最貧レベルの州の1つ、貴州省の出身だった。そのことも相まって、吴さんの苦難が報じられると、同国の貧困問題に注目が集まった。

貴州省(Guizhou)は中国南西部に位置する

中国では、過去数十年で経済が飛躍的に成長した一方、貧困は無くなっていない。同国の統計によると、2017年には地方で暮らす3046万人が、同国の貧困ラインである1日当たり1.9ドル(約210円)以下で生活していた。

貧富の差は拡大しており、国際通貨基金(IMF)は2018年の報告書で、中国はいまや「世界有数の不平等な国」だとした。

吴さんのことを知った国民は、主にソーシャルメディアで、「なぜ助けられなかったのか」と疑問の声を上げ、当局への怒りを続々と表明している。

一方、弟の面倒をみながら勉強を続けていた吴さんへの称賛も出ている。

貧困状態は「17人だけ」

吴さんの生前、当局は声明を出し、吴さんが最低限の公的助成金(月額300〜700元とみられる)を受けていたと説明した。さらに、2万元の一時支援金が支払われるとしていた。

中国はこれまで、2020年までに貧困を「排除」すると宣言してきた。今月に入り、東部の江蘇省は住民8000万人超のうち、貧困状態にあるのは17人だけだと発表。インターネットで疑問の声が上がった。