カリブ海の米ヴァージン諸島の検察は15日、米富豪ジェフリー・エプスティーン被告(故人)について、最年少で12歳の子どもを含む少女たちを個人所有の島で性的に虐待していたとして起訴した。

エプスティーン被告は、もっとも近くて2018年にも、少女の性的人身取引に関わった疑いがもたれている。

2005年以降の虐待の罪に関して、ニューヨークで裁判が予定されていたが、昨年8月にニューヨークの拘置所で死亡した。

「島を使って犯行」

米ヴァージン諸島の検察は、エプスティーン被告が個人所有の島に少女たちを「引き込み、雇い入れ」、性交を強制したと指摘している。

ヴァージン諸島で同被告が訴追されたのはこれが初めて。同被告はヴァージン諸島の2島(推定資産価値計8600万ドル)を所有しており、今回の裁判はこの2島と、個人資産5億7700万ドル(約634億円)の一部の接収を目的としている。

<関連記事>

・アンドリュー英王子の証言求める方針 死亡米富豪の人身取引裁判で弁護士
・ニューヨークの拘置所で死亡の米富豪めぐり、所長や看守を処分
・米富豪、未成年の性的搾取疑惑で起訴 トランプ大統領とも交流

ヴァージン諸島のデニス・N・ジョージ検察官は、「エプスティーンが自分の行いを隠し、拡大するのに、ヴァージン諸島と島内の住居を使ったことは明らかだ」と指摘。

「エプスティーンとその仲間は、未成年の少女をヴァージン諸島に連行し、閉じ込め、性的虐待を加え、深刻な身体的、精神的、感情的な傷を負わせた」

裁判所に提出された書類によると、以前にも同様の罪で有罪となったエプスティーン被告は、2017年6月、性犯罪者の定期監視に訪れた職員に対し、島の1つに立ち入りを認めなかった。

さらに、女性や少女をヴァージン諸島に連れ込むためにビザ(査証)を偽造したほか、被害者の女性たちの島内での動向をデータベースで管理していた。

15歳の少女がエプスティーン被告らとの性行為を強要された後、島から泳いで逃げようとしたケースもあった。

この少女は途中で捕まり、エプスティーン被告にパスポートを取り上げられた。

エプスティーン被告は、ヴァージン諸島に居住登録をしていた。自殺する数日前には、最新の遺書をヴァージン諸島の役所に提出していた。