テッサ・ウォン、BBCニュース(シンガポール)

今の東京や香港、ソウルでマスクを着けずに外に出ると、周囲の顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまう。

新型コロナウイルスの大流行が始まって以来、マスクの着用が当たり前となっている場所がある。そうした場所では、マスクをしていないと社会からのけ者にされる恐れがある。

しかし、イギリスやアメリカ、オーストラリア、シンガポールなど、世界の多くの場所ではまだ、顔を見せたまま歩き回っても全く問題ない。

この違いは、政府命令や医療上の助言だけが理由ではない。そこには文化や歴史も絡んでいる。だが、今回のパンデミック(世界的流行)が悪化するにつれて、状況は変わるのだろうか?

当局の見解は

新型ウイルスが流行して以来、世界保健機関(WHO)の公式アドバイスは明快だ。マスクを着用すべき人は、あくまでも2種類のみ。症状のある患者と、新型ウイルスに感染した疑いのある人をケアする人だ。

このほかは誰も、マスクを着ける必要はない。これにはいくつかの理由がある。

ひとつに、マスクはウイルス防御としては不十分だとされているからだ。現時点での研究では、飛まつの拡散や汚染表面との接触によって、新型ウイルスに感染する。なので、マスクが防御として役に立つのは、感染者があなたの顔の近くでくしゃみやせきをしたときだけだ。だからこそ専門家は、せっけんを使ったこまめな手洗いの方がずっと効果的だとしている。

マスクを外すときには、手の汚染を避けるのに特別な注意が必要だ。マスクを着けることで、誤った安心感を抱いてしまう場合もある。

<関連記事>

・マスクは有効? ウイルスの感染拡大を防ぐには
・イギリス広告協会、「誤解を招く」マスク広告を禁止に
・中国のiPhone工場、マスク生産へ 1日200万枚目指す

しかしアジアの一部では、誰もがマスクをするのが当たり前になっている。その方が安全だし、それが周囲への思いやりだと考えられている。

日本、中国本土、香港、タイ、台湾では、健康な人も含めて誰もが保菌者かもしれないというのが、大方の前提だ。だからこそ連帯意識の表れとして、自分が他人を感染させないようにするのが、大切だと思われているのだ。

一部の国では、政府がマスク着用を強く奨励している。中国では場所によっては、マスクをしていないと逮捕されたり処罰の対象になったりする場合もある。


一方、未報告の感染者が多数いるとみられているインドネシアとフィリピンでは、主要都市に住むほとんどの人が、他人から自分を守るためにマスクをし始めた。

大勢がマスクをしているこうした国では、そもそもマスクをするのは新型ウイルスの流行前から、文化の一部で普通のことだった。おしゃれの一部、ファッション的な自己主張にさえなっていた。香港の露店では一時、ハローキティのマスクが大流行したこともある。

東アジアでは、病気のときや花粉症の季節にマスクをするのに大勢が慣れている。あけっぴろげにくしゃみやせきをするのは、無礼だとみなされるからだ。加えてこの地域の一部は2002〜03年に、重症急性呼吸器症候群(SARS)の大流行に見舞われている。あの時にマスク着用の重要性を痛感した人も大勢いる。SARSで多数の死者が出た香港では、特にそうだった。

つまり、マスクをする習慣がある国々と、そうではない欧米との大きな違いは、伝染病を経験しているかどうか。当時の記憶はまだ辛く生々しく残っているのだ。


一方で東南アジアになると、特に人口が密集する都市部では、単純に大気汚染対策としてマスクをする人が多い。

しかし、アジア全域にマスクが広がっているわけではない。ここシンガポールでは、医療従事者用に十分な量を確保するため、国民にマスクを使わないよう政府が呼びかけているし、実際にほとんどの人はマスクなしで外を歩き回っている。政府に対する国民の信頼はかなり高いので、政府のこういうアドバイスはすんなり受け入れがちだ。

注意喚起としてのマスク

大勢があちこちでマスクをしている光景は、ウイルスの危険を視覚的に強調する効果がある。そのため、身の回りを清潔に、体の衛生を守りましょうと、自分や周りの「行動をさりげなく促す」効果が実際に期待できるかもしれない。

香港科技大学のドナルド・ロウ教授(行動経済学)は、「毎日出かける前にマスクをするのは、制服を着るのと似た儀式のようなものだ。人は儀式的な行動を通じて、制服が意味するものに見合った振る舞いをしなくてはと感じるようになる。つまり、顔を触らない、混雑した場所を避ける、社会的距離を置くなどの、より衛生的な行動をとらなくてはと、意識するわけだ」と話す。


世界が挑む新型ウイルスとの戦争では、どんな小さなことも大事だという考えもある。

香港大学の伝染病学者、ベンジャミン・カウリング氏は、「マスクに効果がないかどうかは、はっきりしない。医療従事者が使う防具なのだから、何らかの効果はあるはずだと思われる」と話す。

「混雑した場所で多くの人がマスクを使えば、大勢への伝染という観点からは一定の効果があると思う。現時点では、伝染を減らすためにどんな小さなことでもやろうとしている。ちりも積もれば山となる」

もちろんマイナス面もある。日本やインドネシア、タイなどでは現在、マスクが不足している。韓国ではマスクの割り当て制を導入している。


マスクの再利用は不衛生だが、そうするしかない事態が起きている。闇市場で売っているマスクを買ったり、品質が劣るため実質的に意味のない手作りマスクを使ったりする人も出ている。

マスクが欠かせない場所では、マスクをしない人はさげすまれ、店舗や建物に入れてもらえないことさえある。

香港のタブロイド紙は、マスクをしていない欧米人が夜の繁華街で集まっている写真を一面に大きく掲載した。そして、在留外国人や旅行者は、あまりに無用心だとひはんした。

ただ、こうした差別はもろ刃の剣だ。

欧米のようにマスク着用が一般的ではない国では逆に、マスクを着けることで避けられることがある。攻撃の対象になることさえある。マスクをしている多くがアジア系なのも、状況の悪化につながっている。

とはいえ、マスクをしましょうと呼びかける国の方が、もしかすると当を得ているのかもしれない。ほとんどの人はマスク不要というWHOの助言を疑問視する人が、専門家の間にも増えている。


記録されていない感染

新型ウイルスに感染してもほとんどかまったく症状がない「静かなキャリア」が実は、専門家が当初考えていたよりも大勢いるらしいというのが、徐々に証拠から明らかになっている。

中国では陽性と判定された人の3分の1は症状が全くないと推計される――。そんな中国政府の機密データを確認したと、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは報じている。

横浜港に停泊していたクルーズ船ダイヤモンド・プリンセスの乗客では、陽性判定が出た600人以上のうち、約半数は症状が全く見られなかった。

アイスランドでも、無症状の患者の割合は同程度だと報告されている。アイスランド当局は、自分たちの住民検査率は世界最多だと主張する。

これまでは、この人たちは症状が出ていないので、感染力もあまり高くないだろうというのが通説だった。しかし、今ではこの通説を疑問視する人も出てきている。それよりむしろ、みんながマスクをすれば、「静かなキャリア」は「スプレッダー(ウイルスを拡散する人)」にならないのではないか?

中国で最近発表された感染症例研究は、「未記録の感染症例」つまり軽症か無症状の人は非常に感染力が強く、感染者の80%近くはこの人たちから感染した可能性があると指摘している。

しかし、これは1つの研究に過ぎない。今後出てくる研究は間違いなく、感染の全体像をもっと詳細に描き出すはずだ。

マスクは各国の最近の歴史、伝染病の経験、そして文化的な規範が生み出した物なのかもしれない。しかし、パンデミックの規模が拡大するにつれて、積み重なる証拠や研究成果にも影響されて、私たちのマスクの使い方はさらに変わるのかもしれない。

追加取材 ヘリエ・チュン