南北軍事境界線沿いの非武装地帯(DMZ)で3日午前7時41分頃、北朝鮮側から韓国側へ発砲があり、一時銃撃戦となった。韓国軍が発表した。

DMZ内の町、韓国・鉄原にある歩哨所に銃弾数発が撃ち込まれた。韓国側に死傷者は出ていないという。

韓国軍は声明で、北朝鮮からの銃撃に対し、「我々のマニュアルに沿って2回の警告射撃と、警告アナウンスをした」と説明。北朝鮮側とのコンタクトを試みていると付け加えた。

最初の発砲が起きた理由は不明だ。

北朝鮮の軍が韓国側に直接発砲したのは、過去5年間で初めて。

DMZは、1950〜1953年まで続いた朝鮮戦争の休戦協定の締結後に、南北境界線に設定された非武装地帯。

韓国政府は過去2年間、厳重な警備が敷かれるDMZを「平和地帯」に転換しようと努めてきた。

今回の銃撃の前日には、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が20日ぶりに公の場に姿を見せたと国営メディアが報じた。金氏は4月15日、祖父の故・金日成(キム・イルソン)主席の誕生日を祝う行事に姿を見せず、動静が途絶えていたことから、一部メディアからは健康悪化説が浮上していた。