ウィル・ゴンパーツ芸術担当編集長

覆面アーティスト・バンクシーによる新作が、新型コロナウイルス感染症の治療に奮闘するイギリス南部のサウサンプトン総合病院に登場した。

1平方メートルのキャンバスには、デニムとTシャツ姿の幼い男の子が、国民保健サービス(NHS)の看護師の人形をヒーローに見立てて遊ぶ様子が描かれている。

男の子のそばにはごみ箱があり、米コミックの人気ヒーロー、スパイダーマンやバットマンの人形が捨てられている。

看護師の人形の右腕は前方に伸び、スーパーマンが空を飛ぶときのようなポーズをしている。また、人形はマスクをつけ、看護師キャップをかぶり、赤十字マーク(これだけは赤色で描かれている)がついたエプロンを身につけている。

このモノクロ作品は、同病院の協力を得て、救急病棟近くのロビーに飾られた。

バンクシーは、「あなた方のご尽力に感謝します。白黒ではありますが、この作品で少しでも現場が明るくなることを願っています」と、病院関係者にメモを残していた。

この作品は今秋まで同病院に飾られ、その後はNHSのための資金を調達するためにオークションにかけられるという。

サウサンプトン総合病院を運営する、サウサンプトン大学病院NHS財団トップのポーラ・ヘッド氏は、「我々の病院の仲間は、とても愛され、尊敬を受けるスタッフや友人たちの悲劇的な死による影響を直に受けています」と述べた。

「この前代未聞な状況下での、NHSやNHSと関わる人たち全員の素晴らしい働きぶりを評価するために、バンクシーが我々を選んでくれたという事実は非常に名誉なことです」

ヘッド氏はさらに、「この作品は、病院内のすべての人にとって本当に価値あるものになるでしょう。医療従事者は多忙な日々の中で、立ち止まり、じっくり考え、この芸術作品に感謝する瞬間を得るでしょう。それに、当病院で働く人や治療を受ける人全員の士気をものすごく押し上げてくれることは間違いありません」と付け加えた。