アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は、AIアシスタントチャットボットサービス「ASBOT(あすぼっと)」の機能を拡充し、1月15日に提供を開始した。
 ASBOTは、Microsoft Teams上で利用可能な、組織の業務効率・生産性向上を実現するAIアシスタントチャットボット。今回の機能拡充では、Microsoft Teamsのユーザー認証機能を利用し、ユーザーの所属部署や役職を識別するとともに、ASBOT内に各部門専用のデータ管理領域を設け、各部署のノウハウを蓄積、ユーザーに合わせた最適な回答が可能となった。
 具体的には、ユーザー識別機能では、Microsoft Office 365のアカウントから、所属部門や役職といった各ユーザーの情報を参照し、ユーザーを識別する。これにより、同じ内容の問い合わせを行った際でも、所属や役職に応じて処理を変更することで、個々のユーザーに則した最適な回答や業務の代行が可能となり、AIアシスタントチャットボットの活用範囲を広げる。
 管理領域制御機能では、ASBOT内に各部門専用のアクセス領域を作成し、システム管理部門に依頼しなくても、各部門でASBOT内の情報を更新できるようになった。これにより、グループ独自の情報やノウハウを常に最新の状態に保つことが可能となった。回答精度が向上するとともに全体管理者の負担も軽減できる。
 シナリオ更新予約機能では、シナリオの登録時、ドロップダウンメニューから日時を選択することで、指定の日時で回答の内容を切り替える予約ができる。管理、設定のタイミングと切り替えのタイミングを分けることで、事前の設定作業が可能となった。
 また、すでにリリースしている営業支援ツール・総務系ソフトウェアなどとの外部システム連携に加え、「Dropbox」「Microsoft OneNote」「Microsoft OneDrive」「Microsoft Planner」「Box」「Googleカレンダー」をはじめとした、さまざまな業務支援アプリケーションとの連携を拡大したことで、さらに幅広い業務での活用が可能となった。
 対象サービスとの接続も、これまで同様、ドロップダウン選択やキーワード検索の簡単な手順で可能なため、専門知識をもたない管理者でも、直観的に目的のシナリオを登録することができる。
 ALSIでは、今後もASBOTの機能強化と連携サービスの拡充を図ることで、企業・組織の業務効率化を推進していく考え。