ダイワボウ情報システム(DIS、野上義博社長)とBlueCat Japan(BlueCat、中原浩輝代表)は1月15日、BlueCat製品に関して国内で唯一のディストリビューター契約を結び、戦略的に協業することで合意したと発表した。今回の契約に基づき、DISはディストリビューターとしてBlueCatのDNS/DHCP/IPアドレス管理(DDI)ソリューションの提供を積極的に推進していく。
 近年、企業のハイブリッドクラウド化に伴い、これまで企業が使用してきたDNS環境は集中管理が難しく、柔軟性のある運用やコンプライアンス対策などで十分な対応ができないケースが出てきている。BlueCatの製品は、企業のDNSやDHCPサービスを制御、可視化するだけでなく、IPアドレス・DNS情報を単一のデータソースとしてネットワーク・システム基盤を自動化するプラットフォームとなる。
 また、IoTの加速により企業内で接続される端末は、さらなる増加が見込まれている。そうした環境のもと、DISとBlueCatでは、今回の協業により、DDIプラットフォームを活用した運用の効率化とコンプライアンス強化のための付加価値を顧客に提供していく方針。