レッドハット(望月弘一社長)は2月7日、米Red Hatが、Red Hat OpenShift Container Platformのユーザーに統合化されたマルチクラウド体験を提供する「Red Hat OpenShift Container Storage 4」の提供を1月15日に開始したと発表した。
 Red Hat OpenShift Container Storage 4は、Red Hatによる18年のNooBaa買収で実現したMulti-Cloud Object Gatewayによって機能を強化。これまで通りアプリケーションとストレージ用の統一されたKubernetesベースのコントロールパネルで動作しながら、より高度な抽象化と柔軟性を提供し、複数のパブリッククラウドにわたるデータサービスに選択の自由を提供する。
 ユーザーにとってパブリッククラウドのロックイン防止に役立つだけでなく、開発者にとってはアクセシビリティの向上を通してデータをアプリケーションの近くに維持することが可能になり、より効率的な開発者体験を提供する。
 一貫性のあるAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)インターフェースにより、これまでOpenShift OperatorHubのどのコンテナ・ストレージ・ベンダーでも手に入らなかった、Red Hat OpenShift Container Platform上のハイブリッドクラウドにわたる大量のデータを扱うアプリケーションの可搬性をサポートするために必要な組み込みのオブジェクト・ストレージとスケーラビリティを提供する。
 また、今回のリリースは、Red Hat OpenShift Container Platformを利用可能なすべての実装形態にわたり、第一級の開発者体験を実現する。クラウドネイティブなアプリケーションの構築またはレガシー・アプリケーションのリフト&シフトを行う開発者向けに、「Red Hat OpenShift Container Platformに対する最適化」「デプロイメントの容易化とオートメーションの強化」「永続ボリューム作成の迅速化」などの特徴を通してアプリケーション開発ワークフローの迅速化を支援する。
 さらに、クラウド環境全体にわたるセキュリティの実現を支援するため、今回のリリースでは暗号化、匿名化、鍵分離、消失訂正符号などの拡張されたデータ保護機能を導入した。開発者は、Multi-Cloud Object Gatewayを使用して、複数の地理的位置とプラットフォームにわたり、よりセキュアに基準に沿った方法で機密アプリケーションデータの共有とアクセスを行うことができる。
 なお、Red Hatは、業界で最も包括的なエンタープライズKubernetesプラットフォームの最新バージョンである「Red Hat OpenShift Container Platform 4.3」も発表した。最新バージョンは、FIPS(Federal Information Processing Standard)準拠の暗号化(FIPS 140-2 Level 1)や保存中の機密データに対する追加の保護を提供するetcdデータストアの暗号化を含む、いくつかの新しいセキュリティ機能を備えている。プライベート・クラスタとプライベート・ネットワークをサポートする追加機能は、プラットフォームとアプリケーションのアクセス制限に対するより広範な制御をクラウドベースのクラスタに提供する。