オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、基幹業務パッケージ「奉行シリーズ」の最新シリーズとして「奉行11シリーズ」を3月23日に発売した。

 奉行11シリーズは、多くの顧客に支持されている操作性や機能性、拡張性をそのままに、最新データベース「SQL Server 2019」に対応し、最新のIT環境で快適に利用することが可能。企業を取り巻く税制改正やOSなどのIT環境など、さまざまな変化に確実に対応し、常に最新の業務環境を提供する。
 また、企業に必要な業務を幅広く網羅しているため、業務全体の最適化はもとより、企業に応じてシステム対応範囲を自由に選択・拡張できる。さらに、小規模から中堅・上場企業まで、それぞれの企業ステージに応じたシステムを取り揃えており、企業が成長しても、他のシステムに入れ替える必要なく使い続けることができる。
 製品ラインアップは、「財務会計システム 勘定奉行11」「プロジェクト型原価管理システム 勘定奉行11[個別原価管理編]」「建設業会計システム 勘定奉行11[建設業編]、「固定資産管理システム 固定資産奉行11」「法人税・地方税申告書作成システム 申告奉行11[法人税・地方税編]」「内訳書・概況書作成システム 申告奉行11[内訳書・概況書編]」「人事管理システム 人事奉行11」「給与計算システム 給与奉行11」「就業管理システム 就業奉行11」「法定調書奉行作成システム 法定調書奉行11」「販売管理システム 商奉行11」「仕入在庫管理システム 蔵奉行11」「販売管理・仕入在庫管理システム 商蔵奉行11」。
 税別価格は、勘定奉行i11スタンドアロンBシステムが25万円。OMSS(保守サービス)は、勘定奉行i11スタンドアロン(ディスク送付なし)が年額5万4000円。