SBテクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は3月19日、トレンドマイクロ(エバ・チェン社長)が提供する「Trend Micro Apex One SaaS(Apex One SaaS)」をマネージドセキュリティサービス「MSS for EDR」の新たな監視対象として追加し、3月25日に提供を開始すると発表した。

 Apex One は、日々巧妙化するサイバー攻撃に対する事前予防と事後対処を統合した法人向けエンドポイントセキュリティ製品で、トレンドマイクロが19年7月から提供している。今回、新たにSaaS提供されることで、ユーザー企業は管理サーバーの構築が不要となり、迅速なセキュリティ対策の導入が実現可能となる。また、働き方改革で利用が進むテレワークでは社内外の端末を一元管理できるため、セキュリティポリシーの均一化も図ることができる。
 SBTでは、Apex One SaaSの提供と同時にMSS for EDRの監視対象として追加し、Apex One SaaSの導入企業に対して、SBTのセキュリティ専門家が24時間365日体制でサービスを提供する。主なサービスは「セキュリティ監視」(インシデント監視/インシデント対応)、「問い合わせ対応」(製品検知内容/オンデマンドリサーチ)、「レポーティング」(月次レポート)など。
 SBTは、「日本企業の競争力を高めるクラウドコンサル&サービスカンパニー」を目標に掲げ、コーポレートITソリューションとビジネスITソリュ―ションに注力している。今後も「クラウド」と「セキュリティ」で顧客の働き方改革を支援し、本業の成長に貢献するビジネスパートナーを目指していく考え。