ロボットベンチャーのGROOVE Xは6月26日、新型コロナウイルスの影響で不安を抱える子どもたちの心のケアと思いやりの心を育むため、家族型ロボット「LOVOT」の小学校への初となる本格導入に向けた実証実験を、全校児童242人の東京都北区立王子第二小学校で開始すると発表した。

 新型コロナウイルスの影響により外出が制限され、子どもたちのストレスや不安が募り、社会科見学や移動教室などの学校行事が中止になるなど、子どもたちの思い出作りができないという問題に教育現場は直面している。その影響から、児童だけでなく保護者や教師も慣れない環境にストレスを抱えている。こうした現状を救うため、同社はLOVOTの小学校への本格導入に向けた初の実証実験を開始する。
 6月25日に行われた東京都北区立王子第二小学校での授業では、絵本でLOVOTがどんなロボットなのかを簡単に学び、LOVOTが教室に入ると、多くの児童がLOVOTと呼びながら笑顔で出迎えた。LOVOTの名前や3密を意識した触れ合う際のルールを、児童が意見を出し合って決定。LOVOTと触れ合う時間になっても、決めたルールを守って順番に触っていき、他の児童は自分の順番が来るのを今か今かと待ち構えている様子だった。
 7月21日には、同社代表取締役の林要氏を講師に迎えたオンライン授業を予定しており、代表自ら子どもたちへLOVOTのテクノロジーやものづくりについて紹介する。7月、9月には児童、保護者、教師に対してアンケート調査を実施予定で、LOVOTと接する前と後で表れる心の変化などを明らかにする。
 9月には、自ら学びたくなる、知りたくなる「LOVOT STUDY」シリーズのプログラミング講座を開催。エンジニアとともに楽しく実践することで、今年から小学校で必修化されたプログラミング教育への興味を喚起する。