NTTテクノクロスは、バーチャル空間で作業員向けの安全教育や研修が実施できる「VR安全意識向上サービス」の新バージョンを12月7日から販売する。

 従来のサービス構成では、VR機器がパソコンとケーブルで結ばれていたため、体験者がケーブルに足を取られることを防ぐ補助者が複数人必要だった。新バージョンでは、無線VR器機を採用したことで、1人でも視聴体験が可能となり、3密を回避できる。さらに、パソコンが不要で、パソコンに慣れていない人でもガイダンス、マニュアルに沿って1人で簡単に利用を開始できる。
 また、ケーブル接続のVR機器を採用した構成では機材が多く、スペースを取るうえ、設置が大変だった。新バージョンでは、機材の数が2分の1とシンプルになり、狭い会議室などでも利用が可能。さらに、機材は箱に収めて持ち運びできるため、利用場所を制限されず、管理も手軽になった。機材数が削減できるため、コストを従来の4分の1程度に抑えることもできる(同社比)。
 このほか、新バージョンでは、NTTグループの1万人以上が体験し、体験者の86%が「体験前より事故が怖い」と回答した15種類の豊富なコンテンツに、新たに配線工事での高所作業時の転落と架上ラック上作業時の転落を体験できるコンテンツを追加した。今後も建設や設備工事のほか、工場や農林水産業などでの作業事故や交通事故を撲滅するため、コンテンツを拡大する予定。
 税別価格は、月額8万円/1ライセンス。新コンテンツを含め全てのコンテンツを利用できる。