パナソニック プロダクションエンジニアリング(PPE)は、ロボティックモビリティ「PiiMo」を活用し、さまざまな施設でライド周遊ツアーを可能にするイベントパッケージについて、XRコンテンツをPiiMoに搭乗しながら体験できるモデルを提供する。

 同社では、PiiMo(最大5台)を活用したイベントパッケージで、スタジアムや水族館、博物館、遊戯施設、工場などの施設にサービス導入を提案している。今回、PiiMoにスマートフォン、タブレット端末、スマートグラスなどを用いてVR、AR、MRなどのXRコンテンツを上映する機能を搭載したモデルの提供を開始する。
 このモデルによって、「モビリティ=移動」だけでない革新映像・音響・ロボティクスをコアにしてソーシャルディスタンスを確保した移動エクスペリエンスの提供が可能となる。特に、観光、エンターテインメント、レジャーなどの分野で、移動×ICT×XRによるライド周遊ツアーの新たな価値提供が可能になり、観光革新による地方創生のきっかけにつながるという。
 PiiMoイベントパッケージのXRコンテンツについては、パナソニック システムデザインが開発した「Smart Town Walker」サービスが活用できる。Smart Town Walkerサービスは、専属のアバターがガイドを行うサービスで、案内業務の効率化・省人化と新しいツアー体験を実現する。
 同サービスは、これまでにTsunashimaサスティナブル・スマートタウンでのタウン案内業務、新宿御苑や兵庫県洲本市での実証実験のガイド業務、万博記念公園内での自動運転車両を活用した周遊ガイド実証など、観光案内サービスとして活用されている。専属アバターは、設定した紹介スポットに入ると、“その場所ならではの情報”を複数言語対応の音声や映像、テキストで提供する。