シャープの新型スマホ「AQUOS R3」、AIが自動でダイジェストムービーを作成

シャープの新型スマホ「AQUOS R3」、AIが自動でダイジェストムービーを作成

 シャープは5月8日、フラグシップモデルのスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3」を2019年夏モデルとして発表した。画面サイズが約6.2インチで、画質がQuad HD+(3120×1440)。動画の撮りっ放しを改善し、見返したくなる、共有したくなるような工夫を盛り込んだ。

 発表会に登壇した通信事業本部の中野吉朗本部長は、「5G時代を見据え、動画コミュニケーションを革新していく。現在、2年連続でAndroidスマホ年間販売台数シェアNo.1を獲得しており、3年目も目指したい」と、新コンセプトのスマホでシェアを獲得する意気込みを語った。
 動画撮影時、AIが自動でダイジェストムービーをリアルタイムに作成する「AIライブストーリー」機能を搭載。静止画撮影時には、AIが被写体の動きを検知し、自動でシャッタースピードや露光を最適に調節することで被写体のブレを抑制し、走り回る子どもやペットも鮮明に捉える。暗いシーンでは、AIが自動で高速連写し、もっともブレのない1枚を自動で選出。見やすいようにノイズを除去する。
 画面には、新開発の「Pro IGZO」ディスプレイを採用。10億色の色表現と従来機種(AQUOS R2)に比べて約2倍の明るさで、HDRの映像を忠実に再現する。肌の質感や青空のグラデーションなどを滑らかな階調感でよりリアルに表現できるようになった。120Hz駆動の機敏なタッチ操作性と電力効率を10%向上した省エネ表示で、スマホのAQUOS史上最高の画質と性能を実現した。
 Qualcommの「Snapdragon 855 mobile platform」を採用し、CPUのパフォーマンスが約30%、GPUが約20%、AI処理性能が約3倍に向上。メモリが6GB、ストレージが128GB。IGZOならではの省電力駆動をCPUで制御することにより、電池持ちは約30%アップした。独自の放熱設計も進化。体感温度に配慮した放熱機構により、長時間のゲームプレーや動画視聴も快適に楽しむことができる。ワイヤレス充電Qi規格11Wにも対応した。
 アウトカメラは、静止画用が有効画素数約1220万画素でF1.7、広角78度。動画用カメラは、有効画素数2010万画素でF2.4、超広角125度。インカメラは、有効画素数1630万画素でF2.0、広角80度。バッテリ容量は3200mAh。カラーは、プレミアムブラック、プラチナホワイト、エレガントグリーン、ピンクアメジスト、ラグジュアリーレッドの5色を用意した。


関連記事

おすすめ情報

BCN+Rの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索