ドコモ2019年夏モデル、ハイエンド6機種なら「スマホおかえしプログラム」で負担減

ドコモ2019年夏モデル、ハイエンド6機種なら「スマホおかえしプログラム」で負担減

 NTTドコモは5月16日、「d払い」の機能拡充など、今後提供するサービスを含めた「2019夏 新サービス・新商品発表会」を開催した。2019年夏モデルとして、「Xperia 1 SO-03L」などスマートフォン(スマホ)8機種、Google Pixelシリーズの「Google Pixel 3a」、ケータイ2機種、モバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi STATION SH-05L」と、「Galaxy S10+」の東京2020オリンピック限定モデルを加えた計13機種を6月1日から順次発売する。

●6月1日に4機種を一斉に発売 スタンダードモデルは3万〜4万円台


 スマホ8機種のうち、「Xperia Ace SO-02L」「AQUOS R3 SH-04L」「Galaxy S10 SC-03L」「Galaxy S10+ SC-04L」の4機種は6月1日に発売する。今回は、価格帯によって、3万〜4万円台と手頃な価格で、コストパフォーマンスの高いのスタンダードモデル、それぞれ際立った特徴のあるハイスペックモデルに位置づけた。
 ハイスペックモデル6機種は、新たに3.4GHz帯に対応し、五つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーションで国内最速の受信時最大1576Mbpsの高速通信に対応(2019年度冬に対応予定)。また、「Galaxy S10」「Galaxy S10」「Xperia 1」と、今夏発売予定の「HUAWEI P30 Pro HW-02L」は、トリプルカメラを搭載する。
 新たに「my daiz NOW」画面を追加し、ホーム画面からニュースや得する情報が確認できる「docomo LIVE UX」には、スマホ9機種全てが対応する。ユーザーニーズに合わせ、ケータイの新製品も用意した。

●「スマホおかえしプログラム」は36回分割払いのみ


 今回の発表の目玉となった、6月1日に提供開始する「スマホおかえしプログラム」は、36回分割で対象機種を購入する際に同時加入し、指定の条件を満たす端末をドコモに返却すると、最大12回分の分割支払金が不要になる無料プログラム。返却時にドコモ回線の契約の継続や機種変更といった条件はない。また、購入月の翌月を1カ月目として、35カ月目の月末までならいつでも適用できる。
 24回分割払いや一括払いは対象外。モデル例の「端末価格10万8000円」と同等の価格帯の製品を、3年以内に買い替える場合に限り、支払額が減って得するイメージだ(10万8000円の場合は、最大3万6000円の減額)。このため、購入した端末や利用状況に応じて提案するという。


関連記事

おすすめ情報

BCN+Rの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索