JR西日本グループ店舗がスマホ決済拡充 PayPayやLINE Pay、電子マネーも

JR西日本グループ店舗がスマホ決済拡充 PayPayやLINE Pay、電子マネーも

 JR西日本の連結子会社13社は、クラウド型総合決済プラットフォーム「CAFIS Arch」を導入し、スマートフォン(スマホ)決済で利用されることの多いコード決済や電子マネー決済への対応を拡充する。すでに導入しているクレジットカードや交通系電子マネー決済に加え、新たに9ブランドのバーコード決済や7ブランドの電子マネー決済を利用できるようになる。

 5月21日から、天王寺ミオや和歌山ミオで利用できるようにしたほか、6月にアルビ住道、エスト、アルデ新大阪で順次利用できるようになる。また、2020年2月までに全28施設へ導入する予定だ。
 導入するバーコード決済は、「Alipay」「WeChat Pay」「au PAY」「Origami Pay」「PayPay」「メルペイ」「d払い」「LINE Pay」「楽天ペイ」。電子マネーは、「交通系ICカード」「iD」「QUICPay」「nanaco」「PiTaPa」「楽天 Edy」「WAON」。


関連記事

おすすめ情報

BCN+Rの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索