HARIOは、リチウムイオン電池内蔵のミル用電動モーター「モバイルミルスティック」を2月18日に発売する。税別の販売価格は9000円。

 モバイルミルスティックは、HARIOのハンディーミル「コーヒーミル・セラミックスリム(MSS)」と「コーヒーミル・スマートG(MGS)」専用の電動モーター。リチウムイオン蓄電池式で持ち運びができるため、どこでも好きな場所で挽きたての香りとコーヒーを愉しめる。
 操作は簡単で、豆をホッパーに入れたら、ふたの代わりにホルダーとスティック本体を取り付けるだけ。例えば、2人分のコーヒー豆(20g)を手で挽いた場合には、中細挽きで約2分半かかるが、電動ならわずか1分ほど。手が疲れることもない。
 さらに、人気の硬い浅煎りの豆にも対応できるようモーターのトルクを大きく伝えるために特別な減速機を設計。豆に余分な熱を加えず、摩擦熱で香りが飛ばないための低速回転でも挽けるように工夫した。
 なお、アンバサダーにザライジングサンコーヒーで焙煎士として活躍する坂口憲二さんを起用し、HARIOオンラインショップに登場する。初コラボ企画として、HARIOオンラインショップでモバイルミルスティックを購入した先着100人に、坂口憲二さんが焙煎した珈琲豆「アフターサーフブレンド」をプレゼントする。