KADOKAWA Game Linkageは、eスポーツの市場動向について、2019年の市場規模および内訳、23年までの成長予測、ファン数(試合観戦・動画視聴経験者)の推移を2月13日に発表した。

 19年の国内eスポーツ市場規模は、前年比127%の61.2億円で、“eスポーツ元年”とされる18年〜19年にかけて、大手企業の参入が相次ぎ市場の伸長が続いている。
 20年〜23年の年間平均成長率は約26%と予測しており、5Gの開始によってモバイルのeスポーツが活発化することや、家庭用ゲーム機・PC向けeスポーツタイトルが今後モバイル端末でも展開されると見込まれることから、さらにeスポーツ市場の拡大が予測される。
​​​​​
 
 19年時点の日本のeスポーツ市場の収益項目別割合をみると、チーム・大会へのスポンサー料や広告費といった「スポンサー」の割合が75.7%を占めている。
 19年におけるeスポーツのファン数(試合観戦・動画視聴経験者)は、18年比126%の483万人で、今後は大会数や5Gによる動画視聴機会の増加によって、さらなる拡大が見込まれる。