【話題のニュースダイジェスト】 2020年3月13日から18日までの期間、「BCN+R」で話題だったのは、4月に施行される屋内喫煙の原則禁止に関する記事だった。喫煙者にとっては、知っておくべきことをまとめた。また、各スマートフォン(スマホ)決済サービスのキャペーンも人気を博した。さらに、新型コロナウイルスの影響で中止・延期のイベント情報なども注目を集めた。ニュースを振り返る。

●4月から屋内喫煙は原則禁止に!


 ここ数年で一気に喫煙者を取り巻く環境は厳しくなっているが、2020年4月にはダメ押しともいえる法令が施行される。18年に成立した「改正健康増進法」だ。これにより、室内での喫煙は原則禁止となる。これまでタバコが吸えていた飲食店やパチンコ店なども、一斉に喫煙できなくなる。
 喫煙者が知っておくべきなのは、喫煙自体が禁止されたわけではないということ。大切なのは、新しいルールをしっかりと守って喫煙することだ。屋内が禁煙になる分、公衆喫煙所などの整備はこれまで以上に整備されていく。喫煙者はそうした施設を把握して活用することで、快適に喫煙することができるはずだ。

●「メルペイ」と「au PAY」を賢く使う


 スマホ決済のキャンペーンを上手に使って家電量販店で買い物する場合、3月は「メルペイ」の50%還元と、「au PAY」の20%還元を使い分けるといいだろう。
 大まかに、1000円以下の小物商品がメルペイ、1000円以上3万円以下がau PAYが適しているといえる。また、メルペイが期間中ならいつでも使える一方、au PAYが毎週月曜日から先着10億円分/週のポイントが用意される早い者勝ち。なお、ほかにもNTTドコモの「d払い」が個別の家電量販店でキャンペーンを展開していることがあるので、こまめにチェックしたい。

●350円分還元の「すき家ポイント祭り」


 ポイント還元という点では、通常よりもポイントが3倍もらえる「すき家ポイント祭り」も話題を集めているといえるだろう。抽選3万人に「牛丼・並盛」1杯分の350ポイントが還元されるというものだ。
 事前にエントリーして、3月13日9時〜22日23時59分の期間、会計時に「楽天ポイントカード」「Pontaカード」「dポイントカード」かゼンショーグループのポイントカード「CooCa(クーカ)カード」やアプリを提示すれば、会計金額200円(税込み)で1ポイントのところ、3倍のポイントが得られる。350ポイント還元は、エントリー不要のWチャンスとなる。

●「Rakuten UN-LIMIT」への乗り換えは違約金なし


 楽天モバイルは、4月8日から自社で回線設備を保有するMNOとして正式サービスを開始する。新規契約に続き、3月12日から、他社回線からの乗り換え、MVNOの楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の通話SIMからの移行による先行申込の受付も開始した。
 MVNOの楽天モバイル契約者向けマイページ「メンバーズステーション」から先行申込を申請しようとしたところ、最低利用期間中でも契約解除料はかからないと案内された。てっきり契約解除料がかかると思い込んでいただけに、うれしい誤算だ。

●新型コロナで中止・延期のイベント


 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、政府が自粛を要請したことから、イベントの中止・延期やレジャー施設の休業が相次いでいる。とくに話題を呼んだのは、東京ディズニーランド/東京ディズニーシーの休園だろう。第92回選抜高等学校野球大会の中止も注目を集めた。このほか、どのようなイベントが中止になったのか。
 3月20日に開幕する予定だったプロ野球2020年シーズンは延期が決まっている。Jリーグも開催延期を決定。施設では、ディズニーやユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が休園している。一方、キャンプなどの飛沫や接触のリスクが少ないアウトドアの需要は高まっているという。ただ、東京都はお花見の宴会自粛を要請し、散策しながらの鑑賞を勧めている。