交通系ICカード「PASMO」がついに待望のモバイルサービスをスタート。キャッシュレス化をさらに後押しする動きに期待が高まっている。スマートフォン決済サービスは3月のキャンペーンが後半戦に突入。まだ還元上限に達していない人は効果的に活用してお得に買い物してほしい。それぞれの期間・還元上限・注意点をチェックしていこう。

●今月のPayPayはクリーニング&スーパーがお得


 PayPayは3月4日から「10時〜14時がおトク!春のスーパーマーケット大還元祭」と「春のクリーニングおトク祭り」を展開中。「10時〜14時がおトク!春のスーパーマーケット大還元祭」は10時〜14時の時間限定で、対象のスーパーでPayPay残高から決済すると最大10%を還元。付与上限は500円相当/回、3000円相当/期間。Yahoo!プレミアム会員が10%還元の対象で、それ以外のユーザーは5%還元。
 「春のクリーニングおトク祭り」は対象のクリーニング店でPayPay残高から決済すると最大20%を還元する。付与上限は500円相当/回、1500円相当/期間。Yahoo!プレミアム会員が20%還元の対象で、それ以外のユーザーは10%還元。どちらのキャンペーンも削ることができない生活費の節約になるのがうれしい。暖かくなってきたので、3月中に冬物をまとめてクリーニング店に預けるのもありだろう。
 4月1日に開始するのは「全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメまつりキャンペーン」。対象の飲食店でPayPay残高で決済すると、20%のPayPayボーナス(Yahoo!プレミアム会員は25%)を還元する。付与上限は2000円相当/回、3000円相当/期間。
 対象は1万店舗以上の飲食店。オリジン弁当、中華東秀、ガスト、グラッチェガーデンズ、しゃぶ葉、ジョナサン、バーミヤン、なか卯、華屋与兵衛、はま寿司、はなの舞、築地銀だこ、ウェンディーズ、ファーストキッチンなどのチェーン店が対象になるようだ。3月18日にはデニーズと幸楽苑が4月1日からPayPayに対応、「全国の有名飲食チェーンが対象!春のグルメまつりキャンペーン」の対象になることが発表された。

●メルペイのダブルキャンペーン ドラッグストアは間もなく終了


 メルペイは「メルペイフィーバー」と「メルペイサンデー」の二つのキャンペーンを3月31日まで展開中。上限金額は両キャンペーン合わせて、3000ポイント/期間、500ポイント/回、コンビニのみ300ポイント/回。「メルペイフィーバー」は対象店舗で最大50%相当分のポイントを翌日還元する。コンビニのみ最大20%還元となる。「メルペイサンデー」は全加盟店が対象。日曜日限定のキャンペーンで、最大20%相当分のポイントを翌日還元する。
 業態によって開始日・終了日が異なり、ドラッグストアでお得になるのは21日まで。飲食店は28日、コンビニとまちのお店は31日までとなっている。これまでまちのお店の詳細は明かされていなかったが、現在はアプリから確認することができ、大手家電量販店やTSUTAYA、BOOK OFF、トイザらスなどが名を連ねている。

●au PAYの10億円還元祭はあと1週 最終週の上限は「1万円相当」


 2月10日にスタートしたau PAYの「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」も残すところあと1週。毎週10億円を還元総額の上限として20%相当を還元するチャンスを逃さないように準備しているユーザーも多いだろう。
 最終週は個人の還元上限がリセットされる。3月23〜29日の期間の上限は1万円相当。ただし、1日の還元上限は6000円なので、1回の決済で上限まで還元することはできないということに注意してほしい。(BCN・大蔵大輔)