スターバックスコーヒージャパンは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が新たに開業した開業した高輪ゲートウェイ駅の3階(改札外)に、新コンセプト店舗「スターバックス コーヒー 高輪ゲートウェイ駅店」を3月23日にオープンした。“一人カフェ”に対応し、半個室席や1人掛け席を充実している。

 スターバックス コーヒー 高輪ゲートウェイ駅店は、ビジネス利用にフォーカスした店舗空間「SMART LOUNGE」を日本で初めて導入することで、仕事や作業のために1人でカフェを利用したいというニーズに応えた。
 SMART LOUNGEは、多様なニーズや利用シーンに応える店舗空間で、同店舗には移動中や商談前後などの隙間時間に1人で集中して作業に打ち込める空間や、複数人での打ち合わせなどでの利用を想定したビッグテーブルを設置。半個室席×6席とテラス沿いのパーソナルなスペースを区切ったカウンターテーブルの全席に電源を配置するとともに、無線LANも完備する。
 また、モバイルバッテリのシェアサービスも取り入れる。さらに、店内ではJR東日本による駅ナカシェアオフィス「STATION BOOTH」を2室設置している。
 支払いには、スターバックスカードや、Suicaなど交通系電子マネーといったキャッシュレス決済が使用可能で、事前に注文決済し、スムーズに商品を受け取れる「モバイルオーダー&ペイ」にも対応する。また、店内には新たな試みとして、モバイルオーダー&ペイの専用カウンターを設けている。
 店舗デザインに、高輪ゲートウェイ駅の木のぬくもりが感じられるデザインに馴染む素材や色合いを取り入れており、店舗へのアプローチには段差をなくすことで、駅と一体化するシームレスなつながりを意識した造りとした。メインバーの天井部分は、折り紙をモチーフとした高輪ゲートウェイ駅・駅舎の大屋根をイメージしている。全席数は43席。営業時間は7〜21時となっている。