シャープは3月24日、三重県多気郡多気町の工場でマスクの生産を開始した。新型コロナウイルス感染症の影響で続くマスクの品薄状態を緩和するのが狙い。

 同社は、政府の要請をうけ、2月28日にマスクの生産を決定。その後、短期間で準備をすすめた。当初は1日あたり約15万枚の生産体制で稼働し、将来的には50万枚/日への増産を目指す。価格は検討中。3月下旬から順次出荷していくとしている。
 シャープの三重工場は、液晶パネルやマスクの生産に欠かせない「クリーンルーム」が設置されている。細かいゴミなどがない施設で、液晶パネルを生産する際に利用する。今回は空いていたため、マスクの生産に名乗りをあげた。「既存製品の生産には影響はない」(同社広報担当者)という。設備の用意については、マスクの生産設備導入に補助金を出す「マスク製造設備導入支援補助金」を利用した。
 販売先については、政府と調整する。「可能な限り、マスクが必要とされるところに提供」していく方針だ。当初は政府への納入を優先していくが、落ち着いたあとはSHARP COCORO LIFEのECサイトでも販売するとしている。