動画配信サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴは4月12〜19日の8日間、インターネットの祭典「ニコニコネット超会議 2020」を開催する。3月25日、初音ミクやEGOISTによるオープニングライブや超歌舞伎・VTuber Fes・VOCALOID Fesなど、ネット企画の第1弾を発表した。

 同イベントは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止になった「ニコニコ超会議 2020」「闘会議 2020」のコンテンツなどを、オンラインで楽しもうという企画。ライブや公演を無観客で実施し、ネット上で配信する計画だ。期間中は、niconicoのトップページが「ネット超会議会場」になる。ドワンゴは、「日本に存在するさまざまなエンターテインメントを集合させ、日本最大のインターネットの祭典を目指す」と意気込む。
 現在、決定しているのは、先述のオープニングライブや「超歌舞伎 Supported by NTT」「VTuber Fes Japan」「VOCALOID Fes」。このほか、「超踊ってみたオフ2020」「超ゲームスタジオ from 闘会議2020」「超テクノ法要×向源」「超サウナ」や、シベリア鉄道の旅を記録した「超鉄道」、「NTT 超未来研究所 presents ミカカランドONLINE!」、イラストをオンラインで展示する「超絵師展」、配信者のNo.1を決める「超ナマケット」、「超東方LIVE ステージ2020」なども実施する。
 また、BOOK WALKERと主催のマニアフェスタの協力で、オリジナルグッズやコラボグッズをオンラインで販売する。そのほかの企画も随時ニコニコネット超会議 2020の公式サイトで知らせるとしている。