スマホ送金アプリ「pring(プリン)」を提供するpringは、新型コロナウイルス感染拡大の危険性が高い、換気の悪い密室などで開催する大規模イベント自粛要請などの影響で収入減となっているクリエーターを支援するべく、pringのお金SNS「チーム」機能の手数料を無料化した。

 チーム機能は、「エールを円に」というコンセプトに基づき、クリエーターがアプリ内で配信した作品やコンテンツに対して、いつでも「いいね」の代わりに1円からお金を送ることができる仕組み。一般的なSNS同様、テキストや画像を公開・ストックでき、本来はチームに集まった合計金額から手数料として9.5%徴収するが、3月4〜31日の期間限定で手数料を0%にする。
 pringは、対応する銀行口座からチャージした残高から支払いや送金などが可能な無料送金アプリ。支払いコードを利用したスマホ決済アプリとしても、「コメダ珈琲店」「トイザらス」「日高屋」など導入店舗は増えつつある。