兼松コミュニケーションズは、堅牢性に優れ、サーマルイメージングカメラによる体表面温度の測定、レーザー光による距離測定、室内の揮発性有機化合物(VOC)の検知ができる、英ブリット製のSIMフリー携帯端末「CAT S61」を2月から販売している。
 

 CAT S61は、米FLIRのサーマルイメージングカメラを内蔵し、摂氏マイナス20度から400度までの体表面温度を測ることができる。そのため、台湾では新型コロナウイルスの水際対策として、大学の入口で学生や職員の体表面温度の簡易チェックに使用されるなどの実用例がある。国内でも、ライブハウスなどを運営している事業主から、入口での来場者の体表面温度簡易チェック用など、数多く導入の検討が進んでいるという。
 また、堅牢性が高く、米国防総省のMILスタンダードに準拠、1.8mの落下試験に耐え、IP68規格の防塵・防水性を持っている。さらに、オートウェットフィンガーとグローブオン技術によって過酷な使用環境に最適な操作性も備え、長時間使い続けることができる大容量バッテリのタフネススマートフォンとなっている。そのため、製造業、建設業、公共事業、畜産業など、さまざまな分野での利用が期待されている。
 なお、CAT S61はレーザー製品のため、国内で日本独自の仕様変更を加え、消費生活用製品安全法による適合検査に合格したPSCマークを取得した上で、兼松コミュニケーションズが日本向け正規品として販売を行っている。
 価格は、通常サーマルカメラだけで5万〜20万円程度のところ、CAT S61は、携帯電話、データ端末、8mまでのレーザー測定機能、室内揮発性有機化合物(VOC)センサー機能を全て内蔵し、約12万円を実現。携帯・通信回線販売代理店である兼松コミュニケーションズでは、SIMフリー携帯の回線まで含めて同製品を提供する。