【家電コンサルのお得な話・9】 緊急事態宣言が全国で発令され、外出を控えたゴールデンウィーク(以下、GW)を私たちは初めて迎えている。テレワークにも随分と慣れてきた方も多いと思うが、「うちのエアコンも、そろそろ買い替えかな?」という方がいたら、このGW中の買い替えをお勧めしたい。

 例年、エアコン販売のピークは7月第2週、第3週目に迎える。実際に需要が動き始めるのは6月第1週目前後からとなる。では「なぜ、今、エアコンなのか?」。
 その理由として(1)2019年モデルの一掃、(2)工事までの日数が短い、(3)早期購入特典付きキャンペーン、(4)在宅勤務の環境整備――が挙げられるからだ。
 まず例年のGW中のエアコン売り場には、限定された旧モデルしか残っていないが、今年は新型肺炎の影響もあり、7〜8割の機種で在庫があり、豊富な品揃えの中から選ぶことができるから。
 今年度の最新機種はまだ全て出揃っていないが、エアコンは最新機種でなくても1年前程度なら格段に大きな機能差はなく、機種によっては数万円の価格差で安い場合も多い。そのため、買うべきお得なモデルは2019年モデルとなる。
 次に今夏のエアコン販売だが、筆者の予想では、2010年のエコポイントの時に購入したエアコンの買い替えサイクルが始まっており、例年通りの猛暑なら6月末〜7月の工事能力が不足する可能性が高い。
 また、緊急事態宣言の期限は5月6日までとなっているが、これが長引いて6月の解除になれば、いままでの買い物を抑制していた反動に夏場の暑さが加わり、商品の販売が集中してしまい品切れを起こす可能性が高い。実際の納品と設置工事は、さらに相当遅れることになるだろう。
 家電量販店ではすでに「早期購入特典付きキャンペーン」を実施しているところもある。工事特典も最盛期の夏場と変わらない条件を出しているところも多い。
 そのため今年は「早めに“お買い得な値段”で購入し、混み合う前に丁寧な設置工事をしてもらい、緊急事態宣言が長引いた場合の在宅勤務を快適な環境で行う」という生活を手に入れるチャンスなのである。
 「外出を控えよと言われているのに」という声もあるだろうが、各家電量販店のネットでもエアコンが購入できるし、リアルと購入特典の違いなど気になる点があれば、早期の購入なら電話での相談や注文も可能だ。
 工事の詳細な項目や内容がわかりにくい人のために、一例を図にまとめたので参考にしてほしい。国難と言える今回の事態を快適な自宅空間でストレスなく過ごしていただくために、少しでもお役に立てれば幸いである。(堀田経営コンサルタント事務所・堀田泰希)
堀田泰希
1962年生まれ。大手家電量販企業に幹部職として勤務。2007年11月、堀田経営コンサルティング事務所を個人創業。大手家電メーカー、専門メーカー、家電量販企業で実施している社内研修はその実戦的内容から評価が高い。