キヤノンは5月1日、真栄田雅也社長COOが技術最高顧問に退き、御手洗冨士夫会長CEOが代表取締役会長兼社長CEOに就いたと発表した。同日の取締役会で決定した。真栄田氏より健康上の理由から代表取締役と取締役を辞任したいとの申し出があったため。

 御手洗氏は、1961年入社、1995年から2006年まで代表取締役社長を務めた。その後代表取締役会長に就いたのち、12年から16年まで代表取締役会長兼社長を務め、16年以後は代表取締役会長を務めていた。