ロゴスコーポレーションが展開するアウトドアブランド「LOGOS」は、独自構造で上半身に涼しさを届ける空調ベルト「野電 ボディエアコン・クールユニット」を発売する。

 新製品は、サイズ違い(L・S)の2種を展開するウエストポーチ型ボディエアコンで、熱中症が心配されるこれからの季節の屋外作業やアウトドアシーンで活用できる。本体を腰にセットするだけの簡単装着で空調服に早変わりするため、着用する服を選ばないほか、服と一体型になったものと違い洗濯する必要がない。
 また、ユニフォームのような個人専用ではなく、家族や、作業現場で使い回しができるため、使う人を選ばない上、Sサイズの対応ウエストサイズが約65〜95cmと、女性でも使いやすいサイズとなっている。
 大型FANから入った空気が風となり、熱のこもりやすい脇を中心に上半身にまんべんなく行き渡らせるLOGOS独自の空調システムを採用し、身体をクールに保つ。風量は3段階調整が可能で、自身の体温やシーンに応じて切り替えることができる。
 本体の電源は、バッグ内部に付属しているUSB端子を市販品モバイルバッテリに接続するだけで入り、10000mAhバッテリ使用時(弱モード)で最大12時間連続作動する。また、シンプルな収納ポーチ付きで、保管や持ち運びにも便利となっている。