スマートフォン(スマホ)決済サービスのPayPayは7月14日、労働金庫連合会のろうきん口座からPayPay残高にチャージができるようになったと発表した。サービスは7月13日からスタートしている。

 北海道から沖縄まで全国13のろうきんに普通預金口座のキャッシュカードを持つユーザーが、PayPayにろうきんの口座を登録することで、登録口座からPayPay残高にチャージができる。
 さらに、本人確認をすればチャージした金額を口座に出金したり、わりかん機能などで残高を友だちに送ったりすることができる。