フィギュアの企画・製造を手がけるケンエレファントは、オンキヨーのオーディオ機器をミニチュアフィギュア化した「ONKYOオーディオミニチュアコレクション」を、8月18日から全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、オンラインショップ、オンキヨー&パイオニア直営店「ONKYO BASE」、ケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店、上野ランドなどで販売する。また、8月8日から、ケンエレファント直営店であるケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店・上野ランドで先行販売する。

 ONKYOオーディオミニチュアコレクションは、70年以上の歴史をもつオンキヨー完全監修のもと、時代の移り変わりとともに生み出されたONKYOを代表する商品をミニチュアフィギュア化したもの。今回リリースするのは、75年に発売され、大ヒットを記録した「スピーカー[M-6]」やダブルカセットデッキ、レコードプレーヤー、アンプ、ミニコンポの全5種類。商品の形状や各商品の特徴的なギミックも忠実に再現した。
 スピーカー[M-6]は、75年発売の当時で破格のスペックで注目を浴び、生産が追いつかない状態になるほどの人気を獲得した商品。L/Rの2個セットで、スピーカーのグリルネットは取り外しが可能。グリルネットを外すと現れるウーファーのエッジも忠実に再現している。
 レコードプレーヤー[CP-490F]は、80年発売のコンパクトで操作性の高いモデル。ダストカバーは開閉することができ、トーンアームも実物同様に動かすことができる。付属するレコードは、取り外しが可能となっている。トーンアームは可動式。レコードの上に乗せて、レコード再生時のような飾り方もできる。
 アンプ[A-817]は、80年に発売され、80年代のオーディオブームの幕開けとなった大ヒット商品。自分好みの音質調整を行える「つまみ」や、各種メモリの印字なども再現している。ケーブルが2本付属し、付属するケーブルは「レコードプレーヤー」「カセットデッキ」にも取り付けが可能となっている。
 カセットデッキ[TA-W880]は、81年発売当時、コンシューマ用で世界初となる2倍速ダビング機能を搭載したダブルカセットデッキ。テープホルダーは開閉可能。付属するカセットテープ二つを自由に収めることができる。
 ミニコンポ[X-NFR7TX]は、16年に発売したハイレゾ対応の本格オールインワンコンポ。CDとリモコンが付属する。ディスクトレイを開き、付属するCDを自由に収めることができる。
 価格は、カプセルトイが1個500円(税込み)、ブラインドBOXが1個500円(税別)。なお、ケンエレファントのオンラインショップで5個入りパックの予約を受け付けている。