ファーウェイ・ジャパンは9月24日にスマートウォッチ新製品として「HUAWEI WATCH GT 2Pro」と「HUAWEI WATCH FIT」を発表した。どちらのモデルとも9月24日に予約受付を開始し、10月2日に発売する。

 「HUAWEI WATCH GT 2Pro」はすでに販売されている「HUAWEI WATCH GT 2」の上位機種にあたるモデル。本体にサファイアガラスやチタンボディを採用することで、耐久性だけでなく暑さや寒さへの耐性も高まっている。デザインはクラシックモデルとスポーツモデルの2種類を用意する。
 スポーツモードは100種類以上を搭載。定番のランニングやウォーキングなどに加えて、新たにスキーやゴルフなどを新搭載。幅広いスポーツマンのニーズを満たすモデルに仕上げた。
 センサーにはHUAWEI TruSeen 4.0+を採用し、より高精度かつ省電力に心拍測定ができるようになった。ストレスモニタリングや活動記録、睡眠モニタリングなどが可能で、1日中ライフログを記録することができる。
 ファーウェイのスマートウォッチの最大の売りであるバッテリの持ちも健在だ。HUAWEI Kirin A1チップセットを搭載し、通常使用で2週間、GPS使用で30時間、音楽連続再生で24時間の使用が可能。ワイヤレス充電や高速充電にも対応する。税別実勢価格はクラシックモデルが3万5800円、スポーツモデルは3万1800円。
 HUAWEI WATCH FITは1.64インチの大画面ディスプレイを搭載するのが特徴。それでいてベルトを含めて34gと軽量で装着感が高い設計になっている。画面の大きさを生かしたウォッチフェイスのデザインを楽しむことができ、ファッションアイテムとしても活躍しそうだ。
 また、動画をウォッチ上で流してどこでも運動ができる12のフィットネスコースを搭載。独立したGPSで運動の測位ができるなど、スマホなしでもさまざまなワークアウト機能が使えるのも魅力だ。
 女性向けの機能として月経周期のトラッキングを行う機能を搭載。周期カレンダーでスケジュール管理ができるだけでなく、リマインド機能も備える。バッテリは通常使用で10日間、GPSモードで12時間の連続使用が可能。30分で約70%までチャージできる高速充電に対応する。
 税別実勢価格は1万3800円。カラーは通常モデルがグラファイトブラック、ミントグリーン、サクラピンクの3色。HUAWEI STORE限定でカンタロープオレンジを用意している。