日本マクドナルドは、飲食業界の支援策「Go To Eatキャンペーン」にプレミアム付き食事券で参加する。広報担当者への取材で明らかになった。

 同担当者は、BCN+R編集部の取材に対し、「自治体の店舗ごとに参加方法や時期を検討している。ただ、当社は予約を承っていないため、参加するとしたら食事券のみで参加することになる」と回答した。
 Go To Eatキャンペーンは、一定額以上の食事でポイントを付与するパターンと、プレミアム付き食事券(購入金額の25%上乗せ)の2パターンが用意されている。今回、マクドナルドが参加するのは後者。食事券の発行・運用ルールは自治体ごとに異なっており、店舗によって対応を変えざるを得ないことから、慎重に進めているようだ。
 マクドナルドではこの他、モバイルオーダーで注文時にスマートフォン決済サービス「PayPay」で支払うと最大20%還元(ソフトバンク、ワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員以外は10%)するキャンペーンを実施している。