10月は、スマートフォン(スマホ)決済サービス各社がお得なキャンペーンを多数展開した。9月に始まったマイナポイント事業も後押しして、大いに盛り上がった。現在、要注目は10月17日に開始した「超PayPay祭」だが、11月は新たなキャンペーンもスタートするので見逃せない。

キャプション

●超PayPay祭は11月15日まで


 超PayPay祭は、対象店舗ごとに行われているキャンペーンで、それぞれ5〜20%還元されるのが特徴。松屋やサーティワンアイスクリーム、日高屋、築地銀だこなどの有名チェーンが参戦しているので、ぜひ公式ホームページやアプリ内の「近くのお店」の機能で使える店舗を探してみてほしい。
 また、誰でも参加できる「総額1億円相当あたる『超PayPay祭くじ』」を毎日開催中。Yahoo! JAPAN IDにつき、1日1回くじを引くことができ、PayPayボーナスライトやショッピングクーポンが当たる。土・日曜日は10万円相当のPayPayボーナスライトが景品に追加され、当選数が2倍になるので、ぜひトライしてみてほしい。
 11月14日・15日には、「超PayPay祭!フィナーレジャンボ」が開催される。加盟店で買い物をすると、決済金額の全額(100%)が抽選で戻ってくるというもの。当選確率は「3回に1回」で、1等が100%還元、2等が10%還元、3等が2%還元。還元上限は10万円/回・期間なので、高額の買い物を予定しているなら、運試しする価値はある。

●d払いはビックカメラグループでお得!


 NTTドコモが運営する共通ポイントサービス「dポイント」が、10月28日からビックカメラグループのビックカメラ、コジマ、ソフマップで導入された。これを記念して11月1〜30日で「先着1億ポイント!dポイント2倍」を開催する。対象の支払い方法には、「d払い」も含まれている。還元上限は、ビックカメラ・コジマ・ソフマップで合算して1000ポイント。
 また、毎月恒例になっている「d払い お買物ラリー 11月はスーパー・ドラッグストアなどd払いでのお支払いでdポイント最大+50%還元!!」も11月2日にスタートする。対象加盟店が1店舗だと10%を、2加盟店だと30%相当のdポイントがもらえる。初めての利用であれば、1店舗で30%相当、2加盟店で50%相当でお得度がアップする。
 対象店舗は、スーパー、ドラッグストア、ホームセンター、クリーニング、美容院、その他(ChargeSPOTなど)と幅広いので、活用する機会が多そうだ。還元上限は2000ポイント相当。エントリー必須なので忘れないように注意しよう。期間は11月30日まで。

●au PAYは対象の居酒屋で最大10%還元


 au PAYは、10月26日から対象の飲食店でau PAYで支払うと最大10%のPontaポイントを還元する「飲食店×au PAYキャンペーン」を開催している。期間中のポイント還元上限は、1au ID当たり500ポイント/回、1500ポイント/期間。
 au PAYの支払い方法は店舗によって異なるが、au PAY(コード支払い)、au PAY プリペイドカード(au WALLET プリペイドカード)、au PAY カード(au WALLETクレジットカード)、au PAY(QUICPay+、QUICPay)。
 全国チェーンブランドでは、はま寿司やモンテローザグループ(魚民、白木屋、笑笑など)、すかいらーくグループ(ガスト、バーミヤン、ジョナサンなど)、ゼンショーホールディングスグループ(すき家、なか卯など)、松屋、ワタミグループ(ミライザカ、和民、鳥メロなど)、吉野家など、多数が参加している。
 巷では、Go To トラベルやGo To Eatが話題だが、スマホ決済キャンペーンを併用することでさらにお得になるケースもある。それぞれの条件や使い方をよく確かめて、還元率を最大限に高めたいところだ。また、超PayPay祭は月末でなく15日に終了するので、もし多数の店舗で使いたいならペース配分などに注意してほしい。(BCN・大蔵大輔)